橋田壽賀子の逝去の裏で...泉ピン子とえなりかずきの“共演NG”説が再燃!

4月10日(土)19時0分 まいじつ


(C)まいじつ



大ヒット長寿ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)で知られる脚本家・橋田壽賀子氏が、4月4日に急性リンパ腫により逝去。この訃報を受けて同ドラマ出演者から追悼の言葉が送られたが、これをきっかけに泉ピン子えなりかずきの〝共演NG説〟が再び掘り返されている。


【関連】『有吉の壁』パンサーのガチ不仲に驚き…「共演NG?」「嫌いなんだ」ほか


橋田氏の訃報に、藤田朋子、船越英一郎、馬渕英里何といった俳優から続々と追悼コメントが。ピン子からは「私も熱海で暮らすようになって、最後はずっとそばにいられたから熱海に越してきた意味があったと思います」といった言葉が寄せられていた。


えなりは今回の訃報を受け、約8年ぶりにブログ『えなリズム』を更新。『突然の訃報』というタイトルと共に、《橋田先生のニュースを知って、本当に驚いております》《このニュースが全く信じられず、とてもとても悲しいです》と心境を告白している。


ピン子とかずきの確執は風化しない?


ネット上では、出演者たちの追悼コメントに反応する人が続出。しかし、えなりのブログやピン子のコメントを見た人たちからは、2人の〝共演NG〟に関する声も。



《えなり君とピン子さんって何かで喧嘩してませんでしたっけ…?》
《今年放送用の渡鬼3時間スペシャルの脚本が完成していたそうです。是非とも、2年ぶりに放送してもらいたいです。泉ピン子さんとえなり氏の確執は消えているといいのですが》
《えなりとピン子のギクシャクで、渡鬼で五月と眞が共演する脚本途中から書けなかった話は本当なのかな。だとしたら残念だよ》
《泉ピン子さんとえなりかずきは共演しているのだが、二人が同時に演技をすることはなく、すれ違いで構成されていた》



などなど、改めて2人の関係に注目が集まっているようだ。


「過去に『週刊文春』の取材にて、橋田氏は2人の関係について『(2人を)一緒にしちゃいけない。一緒に出るとえなり君がおかしくなるんですって。発疹が出たり』と語っていました。またドラマ関係者は『本当にバトルをしているのは、えなりくんのお母さんとピン子さんです』と話したことも。どうやら2人の関係には、想像以上に深い亀裂が入っているようですね」(芸能ライター)


橋田氏の逝去により、2人が復縁することがより難しくなってしまったのかもしれない。


まいじつ

「泉ピン子」をもっと詳しく

「泉ピン子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ