BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

『東方Project』を超える闇深いハートフルな世界 春河もえ『異議ガール!』

おたぽる4月10日(月)14時0分
画像:『異議ガール!(1)』(KADOKAWA)
写真を拡大
『異議ガール!(1)』(KADOKAWA)

『東方Project』関連で一気に名を知られた、春河もえ氏の描く『異議ガール!』(KADOKAWA)は、親友同士の眼鏡っ娘とロリ娘が営む弁護士事務所を舞台にした作品である。

 オビには「ハートフル法律コメディ」と記されているわけなのだが、読んでいていろいろと闇が深い部分が気になってしまった。

 さすが、闇に満ちた東方から出てきたマンガ家の宿命というべきか……。

 物語は、大学を中退して引きこもりになっていた繊細な少女・まゆ子が、数年ぶりに再会した幼なじみの天才少女・リタと一緒に営む弁護士事務所を舞台に繰り広げられる。

 まず、ヒロインの片方が大学中退というところが、穏やかではない。まゆ子は、才能はあるのだけれど繊細で、人の悪意に敏感な性格。ゆえに、希望に満ちて入学した音楽大学で一年も持たずに中退してしまったのである。

 いやいや、音楽系とか芸術系の大学で、悪意は必然。みんな自分を正当化するのが大好き。それでいて、群れるのも好きで裏で足を引っ張り合うのが好きなヤツらの集まりのはず。そこで、一年も持たなかったというのは「夢」といいつつ、よほど音楽に対するモチベーションが低かったとしか思えない。

 そんな彼女が再会したリタは、アメリカに留学して弁護士資格を得た14歳。超天才少女ではあるんだけれど、外見は単なるロリっ娘なので雇ってくれる事務所はないし、依頼人も来ない。そこで、かつては孤立していた自分を助けてくれた憧れのお姉さんでもあるまゆ子に、「影武者」を頼むのである。

 この作品、法律監修が入っているそうで、リアリティの肉付けをしようとしているみたいだけど、ここでいろいろと無理のある部分が目についてしまった。

「影武者」というのは、弁護士じゃない人物が弁護士を名乗るわけだから、完全アウトじゃなかろうかと思うのである。まあ、ここで「リアルじゃない〜!」などという気はさらさらない。逆にリアルじゃないゆえに、二人は依頼人に度を超して親身である。弁護士事務所というのは同時並行でさまざまな依頼をこなさないと商売として成り立たないと思うので、不安しかないけれども。

 その最初の依頼人としてやってくるのは、離婚を求める妻。この妻が車椅子を使っている障害者設定で、さまざまな夫婦間の気持ちの齟齬にまで、二人は土足で踏み込んで、離婚を回避するところまで持ち込むのである。

 これじゃあ、依頼料も取れないなあ。相談料だけか? などと、また読みながらソロバンをはじいてしまった。でも、闇を感じたのは、そこではない。

 元サヤに収まった依頼者の夫婦は、夫が仕事を辞めて妻に付き添い、妻は保険営業の仕事を始めることとなる。この説明の下りで描かれているのが、どう見ても個人宅への飛び込み営業。いや、皆まではいわないけれど、これって弱者と強者が逆転するタイプの押し売りじゃなかろうか……。

 この先も、描かれている物語は同性同士のストーカーだったり、異常に闇の深そうな人物が登場する。それでいて、ヒロイン二人は基本的に性善説で動いている感の強いこと。

 弁護士のはずなのに、依頼人に選択肢を提示したり、依頼人の意向で動くのではなく、自分たちの意向に依頼人の意志を従わせようとしているとしか思えない。

 描かれている表面上のことがハートフルなゆえに、余計闇の深さが浮かび上がってくる。ああ、きっと東方に関わったことで、いろいろと見ちゃったんだろう。連載では確かに存在した「脚本:鰐梨、協力:オーガスト」表記が消えて、単行本は春河氏の単独クレジットになっている点も、何かあったのかと考えてしまう。
(文=是枝了以)

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「東方Project」「異議」「KADOKAWA」「親友」の関連トピックス

関連ワード
東方Projectのまとめ写真 異議のまとめ写真 KADOKAWAのまとめ写真 親友のまとめ写真

「東方Project」をもっと詳しく

注目ニュース
B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」 J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
B'zがデビューしたのは、まだ年号が「昭和」だった1988年だ。それから約30年、当時23歳だったボーカル・稲葉浩志さんも、すでに52歳で…[ 記事全文 ]
市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!? アサ芸プラス9月19日(火)5時59分
6月に妻の小林麻央さんを乳がんで失った市川海老蔵を巡って、麻央さんの実姉であるフリーアナの小林麻耶との再婚が取りざたされている。[ 記事全文 ]
“中学生を妊娠”誤報の「月曜から夜ふかし」に人気出演者を激怒させた過去も! アサ芸プラス9月19日(火)9時58分
9月11日に放送されたバラエティ番組「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)にて謝罪コメントが発表された。[ 記事全文 ]
山下達郎、ライブ中の「客の合唱」は迷惑 「あなたの歌を聴きに来ているのではない」 J-CASTニュース9月19日(火)15時7分
ライブ中に歌手に合わせて客が「合唱」する光景は珍しくないが、シンガーソングライターの山下達郎さんは快く思っていない。[ 記事全文 ]
中居正広の暗躍、ジャニーズ事務所をも秤にかける存在に 週刊女性PRIME9月19日(火)4時0分
「3人がフリーになった日、中居さんが“餞別”として高級バッグなどを贈った、という報道がなされました。一部では彼ならではの気遣いと美談扱いさ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
2 市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!?アサ芸プラス9月19日(火)5時59分
3 “中学生を妊娠”誤報の「月曜から夜ふかし」に人気出演者を激怒させた過去も!アサ芸プラス9月19日(火)9時58分
4 山下達郎、ライブ中の「客の合唱」は迷惑 「あなたの歌を聴きに来ているのではない」J-CASTニュース9月19日(火)15時7分
5 中居正広の暗躍、ジャニーズ事務所をも秤にかける存在に週刊女性PRIME9月19日(火)4時0分
6 小森純、5年ぶりテレビ出演でペニオク騒動を謝罪へモデルプレス9月19日(火)19時1分
7 香川照之「当時、私の息子が数字に興味を…」 「半沢直樹」の名ぜりふはアドリブだったエンタメOVO9月19日(火)14時25分
8 Mステ特番で嵐・松本潤が櫻井翔との「不仲説」一蹴まいじつ9月19日(火)10時55分
9 PSVRが値下げ 「ねこあつめVR」など新作タイトルも続々BIGLOBEニュース編集部9月19日(火)16時59分
10 優勝するとダメになる!?「お笑いコンテスト」覇者芸人の戦慄ジンクスとは?アサ芸プラス9月19日(火)17時58分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア