『ゴルゴ13』単行本200巻達成記念、ビッグコミック8号特集号! 巨匠・ちばてつや氏の長編読み切りも!

4月10日(土)19時0分 Rooftop

main.jpg
1968年11月に「ビッグコミック」で連載開始、 4月5日に「単行本200巻発売」という偉業を成し遂げた『ゴルゴ13』。

4月9日発売の「ビッグコミック」8号では著者のさいとう・たかを氏と『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(集英社)で2016年に単行本200巻発売を達成した、 ギネス記録保持者・秋本治氏による特別対談を掲載。 巻頭カラーで本作が登場しているのはもちろん、 描き下ろしイラストを使用した200巻の別カバー付録も。 そして表紙はさいとう・たかを氏がその出来栄えに「大満足」と太鼓判を押した、 金子ナンペイ氏によるゴルゴの肖像画。

sub2.jpg

さらに同号には、 ちばてつや氏による読み切り『グレてつ』を掲載。 「少年マガジン」連載の『あしたのジョー』を描き終えた日と、 「ビッグコミック」で『のたり松太郎』の連載を始めるまでの日々、 それらの「産みの苦しみ」を描いた自伝的物語を44ページの大ボリュームで収録。 また「ビッグコミック」はこの8号から電子版の配信を開始した(電子版には『ゴルゴ13』200巻の別カバー付録はありません)。

sub1.jpg

Rooftop

「ちばてつや」をもっと詳しく

「ちばてつや」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ