女優・中丸シオン 海外での女優経験経て心も体も開放的に

4月10日(水)16時0分 NEWSポストセブン

国際派女優の中丸シオン

写真を拡大

 ロシア国営TVドラマ、中国映画に出演するなど、国際的にも活躍する女優の中丸シオン。4月16日に写真集『蓮花流水』(光文社刊)を発売した彼女が、撮影の様子を語る。


 * * *

 今回、ヴァンパイアをテーマにした映画『VAMP』の主演と、写真集のお話を同時にいただきました。どちらも初めてのことでしたが、思い切って挑戦しました。写真集については、ハダカを見られる恥ずかしさよりも「私でいいのかな」という不安が大きかったのですが、スタッフの皆さんのお陰で撮影を楽しむことができました。


 ロシア国営テレビのドラマ『ゾルゲ』、中国の映画『刀尖』と立て続けに海外の作品に出演させていただきました。どちらもスパイの愛人役です(笑い)。広い国土と自由な感性を持つ俳優たちに囲まれた生活を送るなかで、私自身も開放的な性格になったと思います。今回ヌード撮影や映画の濡れ場シーンに自然体で臨めたのも、そんな海外での女優経験が活きている気がします。


 撮影は写真家の笠井爾示さんやスタッフの皆さんと一緒に造り上げていきました。笠井さんに撮っていただいたお写真はどれも光と影のコントラストが素晴らしく、映画のワンシーンのような情景がとても気に入っています。


 


 笠井さんは懐の深い方で、撮影中も細かな指示はほとんどありませんでした。ただ、「頭を使わないで、身体が赴くままに動いて」と言われた言葉を胸に、全てをさらけ出してカメラと向き合いました。


 いま、私は35歳なのですが、この年齢になって自分を取り巻く世界が広がってきたのを体感しています。写真や映画を通して、リアルな等身大の姿をご覧いただけたら嬉しいです。


【プロフィール】なかまる・しおん/1983年7月22日生まれ、神奈川県出身。10代から女優業を始め、数多くの映画やドラマに出演。今年はヒロインを演じるロシア国営テレビの連続ドラマ『ゾルゲ』の放送や、中国の大作映画『刀尖』の公開が予定されている。ヘアヌード写真集『蓮花流水』(光文社刊)が4月16日に発売。


撮影■笠井爾示


※週刊ポスト2019年4月19日号

NEWSポストセブン

「海外」をもっと詳しく

「海外」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ