真木よう子、艶やかなクラブのママを好演『孤狼の血』劇中カット解禁

4月11日(水)12時0分 映画ランドNEWS

5月12日(土)に公開される映画『孤狼の血』より、真木よう子演じる「クラブ梨子」のママ・高木里佳子の新場面写真が解禁となった。


孤狼の血


昨今の日本映画にはない熱量とバイオレンスが魂に焼き付く、“血湧き肉躍る”映画『孤狼の血』。物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法 成立直前の広島。真木よう子が演じるのは、大上章吾(役所広司)と“尾谷組”若頭・一之瀬守孝(江口洋介)が常連の「クラブ梨子」のママ・高木里佳子。自身の店で“尾谷組”と敵対する“加古村組”の諍いが始まっても、まったく物怖じしない気丈な女性だ。


孤狼の血


常に着物を身にまとい、上品なイメージから、時には鮮やかなドレスで男性を魅了する里佳子。

常軌を逸した行動をとる大上(役所)の良き理解者の1人。店では常に笑顔を絶やさない里佳子だが、劇中では激しい一面を見せるシーンも。ギラついた昭和の男達の世界で、女性としてのしなやかさを併せ持ちながら、強く・たくましく生き抜いていく女性を演じている。


孤狼の血


解禁された場面写真では、艶やかに着物を着こなす姿に合わせて、周囲の静止を振り切り、どこかに駆けていく姿が。物語が急展開する要因の一つの重要なシーンで、里佳子本人も、暴力団と警察を巻き込んだ血で血を洗う報復合戦に巻き込まれていく。真木は「私から見てもカッコいい男たちだらけの見応えある作品です。女性の皆さんにもぜひ観ていただきたいですね」と語っている。





原作は2015年に発売されるや、「第69回日本推理作家協会賞」受賞、「本の雑誌が選ぶ2015年度ベスト10」第2位、「このミステリーがすごい!」(2016年度版)第3位、「第154回直木賞」にノミネートされるなど話題を独占。物語の舞台は暴対法成立以前の広島・呉原市。暴力団系列の金融会社社員失踪事件をきっかけに、捜査する警察が仁義なき抗争「極道のルール」に触れていくさまが描かれる。


ヤクザとの癒着を噂される呉原東署捜査二課・主任の大上章吾役に役所広司、彼の元で失踪事件を捜査する新人・日岡秀一役に松坂桃李、クラブ「リコ」のママ・高木里佳子役に真木よう子、広島県警監察官・嵯峨大輔役に滝藤賢一、役所扮する大上に並んで呉原東署捜査二課・主任の土井秀雄役に田口トモロヲ、五十子会組長・五十子正平役に石橋蓮司、尾谷組若頭・一之瀬守孝役に江口洋介が名を連ねる。監督は『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』で知られる白石和彌が務める。


映画『孤狼の血』は5月12日(土)より全国公開


©2018「孤狼の血」 製作委員会


映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド


映画ランドNEWS

「真木よう子」をもっと詳しく

「真木よう子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ