『なつぞら』第10回 泰樹がバター作りを宣言 なつは楽しみにするが…

4月11日(木)7時45分 マイナビニュース

女優の広瀬すずがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『なつぞら』(毎週月〜土曜8:00〜)の第10回が、11日に放送される。

8日より第2週「なつよ、夢の扉を開け」を放送。泰樹(草刈正雄)はなつ(粟野咲莉)をある場所に連れていく。そこでなつは、十勝に入植して以来、泰樹が抱き続けてきたバター作りの夢を知ることになる。翌日、泰樹はなつや剛男(藤木直人)の前で、バターを作ることを宣言。なつは泰樹の夢でもあるバターを楽しみにするが、富士子(松嶋菜々子)や夕見子(荒川梨杏)はあまりいい顔をしない。しかし……。

NHK連続テレビ小説100作目となる『なつぞら』は、戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬)が、北海道・十勝の大自然と開拓者精神あふれた大人たちの中でたくましく育ち、そこで育まれた想像力と開拓者精神を生かしてアニメーションの世界にチャレンジしていく姿を描くドラマ。脚本家・大森寿美男氏によるオリジナル作品となる。

(C)NHK

マイナビニュース

「バター」をもっと詳しく

「バター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ