高杉真宙、"いじられキャラ"認定に首をひねるも…「朝は負け顔」

4月11日(木)22時15分 マイナビニュース

『映画 賭ケグルイ』(5月3日公開)の完成披露試写会イベントが11日に都内で行われ、浜辺美波高杉真宙森川葵矢本悠馬池田エライザ、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、松田るか、中村ゆりか、三戸なつめ、柳美稀、小野寺晃良、英勉監督が登場した。

同作は河本ほむら・尚村透による人気同名コミックを実写化。ドラマのSeason1、Season2を経て、オリジナルストーリーでの映画化となる。ギャンブルの強さが自身の階級を決める私立百花王学園を舞台に、謎多きJKギャンブラー・蛇喰夢子(浜辺)と、生徒会長・桃喰綺羅莉(池田)の対決が望まれる中、学園内では“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団・ヴィレッジが台頭。ヴィレッジ解体と夢子潰しを企む生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させる「生徒代表指名選挙」の開催を宣言する。

映画オリジナルキャラクターで、ボーイッシュでアウトローなキャラクター・犬八十夢役の伊藤の印象について聞かれた高杉は、急なパスに動揺したのか、「歩火さんは……」と福原の役名と間違え、池田から「話聞いてた〜?」とつっこまれる。さらに高杉が「(犬八は)一人称、俺だったりして、(性別が)どちらかな? と思ったまま終わった」と明かすと、英監督も「えっ!?」と驚いた様子。伊藤は「現場でこの状態であった時に『本当に、男みたいですね』と言われた」と訴えた。英監督から「犬八はどっち? 男? 女?」と改めてきかれ、高杉は「レディです!」と答えた。

また、作品にちなんで「一番勝負強い人は」という質問にキャスト全員が指差しで答え、浜辺と森川に票が集まる中、英監督は高杉の「誰からも選ばれなかったね」とぼそり。次に「一番勝負弱い人は?」という質問がきたため、まるで前振りのようになってしまう。結果、全員のほゆを集め、見事「一番勝負弱い」ということになってしまい首をひねる高杉だが「今まで誰にも指されてなかったので、嬉しいです」と苦笑していた。

矢本は「寝起きの高杉真宙って、全然かっこよくないんですよ。朝、すげー負け顔で現場くるから弱そうだなと思って。本番始まるとめちゃめちゃイケメンになるんですけど」と暴露し、「俺はずっとかっこよくいてほしいんだよ!」とエールを送る。さらに福原からは「キャラクターがもう、弱い……」と言われ、「会ったばっかりからひどいことを(言われていた)」と嘆く高杉。福原は「人としては強いんだろうなとは、ちょっとだけ思います」と少しフォローした。

伊藤も、「初めてお会いした時から、周りのみんなにいじられてて、『あ、いじっていいんだ』と、いじらせてもらいました」と撮影を振り返り、みんなからいじられていた高杉。しかし、最後に英監督が「本当はめっちゃくちゃ芝居で勝負強くて、かまないし、(セリフは)全部入れてくるし、かっこいい男ですよ」とまとめたため、胸をおさえて喜びを表していた。

マイナビニュース

「高杉真宙」をもっと詳しく

「高杉真宙」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ