「イライラしてくる」中条あやみの演技に酷評続出の『白衣の戦士』

4月11日(木)11時1分 まいじつ


(C)まいじつ



中条あやみ水川あさみがダブル主演を務める新ドラマ『白衣の戦士』(日本テレビ系)が4月10日にスタートした。モデル出身とあって、中条の看護師姿には「かわいい」「顔が小さ過ぎる」などと絶賛する声が続出。一方、演技面では「棒読み」などと酷評する声も相次ぎ、この日のSNSでは中条のドラマ主演を巡り賛否両論となった。


【関連】中条あやみ『白衣の戦士!』連ドラ初主演で“女優終了”の危機!? ほか


中条は新人の看護師・立花、水川は立花の教育係の三原を演じる。看護師長の本城を沢村一樹、外科医の柳楽を安田顕が演じるなど演技派俳優がキャストに名を連ねた。



「演技向いてない気がする」の声も


立花は元ヤンキーの看護師という設定。普段は礼儀正しく人と接するが、失礼な態度を取った人間には元ヤンの血を騒がせ、変貌して怒りをあらわにする。


ドラマはコメディータッチで進行。第1話では初勤務となった立花が三原の厳しい教育に抵抗する様子を見せたが、自身のミスで患者が急変すると、三原の叱責を受けながら猛省する。その後、周囲の励ましもあって気を取り直し、最後は立花の奮闘によって患者の命を救うことに成功した。


中条は終始、喜怒哀楽を前面に押し出す演技。白目をむいて怒る場面も見られた。視聴者からは、



《中条あやみがかわいいから来週も見る》

《中条あやみさんのナース姿、サイコーか!》

《白目をむく中条もそれはそれでかわいい》



などと容姿を称える声が続出した。


一方で、演技に対しては、



《はっちゃけた役は初めてなのかな。ほんまに向いてない。かわいいのにもったいない》

《演技向いてない気がする。なんか嫌いになりそう》

《中条あやみかわいいけど演技見てるとちょっとイライラしてくる》

《わざとらし過ぎてイラッとするから若干見てるのがつらい》

《中条あやみが信じられないくらいかわいい以外にドラマのいいところが見つからない》



などと酷評する声が相次いだ。


中条のドラマ初主演という話題で注目もあったが、この様子では第2話以降が心配だ。



まいじつ

「中条あやみ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「中条あやみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ