松井珠理奈、SKE48卒業で「一皮むけた」 引退した渡辺麻友さんへの想いも

4月11日(日)21時0分 オリコン

SKE48卒業公演を名古屋・日本ガイシホールで開催した松井珠理奈(写真は昼公演)(C)2021 Zest,Inc. / AEI

写真を拡大

 アイドルグループ・SKE48松井珠理奈(24)の卒業コンサートが11日、愛知・日本ガイシホールで昼夜2公演行われた。昼公演後にはオンラインで報道陣の取材に応じた。一問一答は以下のとおり。

−−1公演目を終えた感想を。

1公演目は「卒業」というテーマもありましたが、自分の中では「プロデュースコンサート」という気持ちで作らせていただきました。いろんなメンバーに大きな会場でソロで歌うということを経験してもらって、成長してもらいたいなと思ったのであのような構成にしました。

そして、今までSKE48としてやってきたんですけど、AKB48としてやってきた時間も長いので、AKB48の黄金世代のお姉さま方のソロ曲もすごく好きだし自分も歌ってきたので、皆さんに「懐かしいな」と思ってもらえたり、AKB48やSKE48のファンを卒業してしまったファンの方にも見てもらえたらいいなと思って、1公演目はやらせていただきました。

−−卒業コンサートがコロナ禍で半年延期になりましたが、この半年どうされていましたか?

(AKB48の)峯岸みなみさんが卒業までお酒を控える(禁酒する)という話をされて、それをずっとツイッターで見ていたので、私も何か我慢しようと思ったときに、一番好きなお母さんのミートソーススパゲティーを我慢しました。だからきょう終わったら食べます、楽しみです!

−−大きなステージでSKE48ライブをするのは最後となりますが。

大きなライブになると、劇場よりも緊張していて、ドキドキしたり、焦ったりして、つい、厳しい言葉をメンバーにかけちゃったりとかすることが多かったんですけど、今回は全然違って、すごい落ち着いていて、開演ギリギリまでツイッターやLINEでみんなからのメッセージを見ていました。一皮むけたというか、24歳のちょっと大人らしい珠理奈になれたのかなと。大きいコンサートを久々にやって感じました。

メンバーからも「珠理奈さん全然緊張してないですね」って言われたりもして、いつもは裏でめっちゃ緊張して、振り付けの確認をしたりもしていたんですけど、きょうはそんなこともなく、人から見たら腹が座っている感じだったなと思いました。今までとは違う気持ちでした。

−−「Stand by you」の歌いだしで泣きそうになっていたように見えましたが、我慢しましたね。

そうですね。MCでみなるん(大場美奈)に「涙は夜公演までとっておいてくださいよ」って言われたので、それが頭によぎりました。「前のめり」からけっこうきていて、W松井でやってきた玲奈ちゃんの卒業ソングなので、それを自分で歌ってみて、歌詞が自分にリンクするところもあって、そこからグッと気持ちが入ってきての「Stand by you」で。(休養から)復帰したときの曲なので、本当にみんながそばにいてくれてるんだなということを感じたり、今回は休養ではなく卒業だから、戻ることができないんだと思ったときにすごい悲しくなって、涙があふれそうになりました。

−−これまでもたくさんのメンバーを見送ってきたガイシホールで自分の卒業コンサートをすることについて。

本当にガイシホールは、たくさんの1期生だったり、移籍してきてくれた宮澤佐江ちゃん(元AKB48、SNH48)だったり、自分も思い入れのあるメンバーがたくさん卒業している舞台。正直、バンテリンドーム(ナゴヤドーム)で最後にみんなでステージに立ちたかった気持ちもあったんですけど、卒業といえば「ガイシ」というイメージがあったので、私も神聖なガイシホールで卒業できるというのがすごくうれしいし、1日2公演はなかなかやってもらえてるメンバーもいないと思うので、自分なりにしっかり、1公演目、2公演目、メリハリつけられるような構成にできたことがうれしかったなと思いました。

−−若手9人のソロパートがありました。

ソロの部分はパフォーマンスのアドバイスだけでなく、衣装も選ばせていただきました。例えば、野島樺乃ちゃんは私の卒業曲「Memories〜いつの日か会えるまで〜」の衣装を着て、「泣きながら微笑んで」で「あなたを見送りましょう」と歌ったり、えごちゃん(江籠裕奈)が私の「花占い」の衣装を着て「君は僕だ」で「変なとこが似てる」と歌ったり。あえて私の衣装を着てやってもらいました。細かいところまでよく見ると考えられているところもいっぱいあるので、何度も見返してもらいたいな思いました。

「心のプラカード」では、なんで私が出てきたんだろうと思った方が多いと思うんですけど、引退された渡辺麻友さんへの気持ちがすごくあったので、ドラマ『マジすか学園』でセンター(珠理奈)とネズミ(渡辺さん)でやっていたので、ネズミの絵を描いて「I miss you」と書かせていただきました。いろんな先輩への感謝の気持ちもあるから、それが届けばいいなと思ってソロパートをやらせていただきました。

−−松井珠理奈にとって「アイドル」とは?

見た目じゃなくて生き様。最初は見た目で入る人も多いと思うんですけど、私たちは握手会でファンの方とふれあう機会が多いので、夢をみんなでかなえていくというか。みんながそれぞれのアイドルとしての生き様をみせて、それを好きでいてくれるみんなが一緒の道を歩んでくれるのがアイドルなのかな。

オリコン

「卒業」をもっと詳しく

「卒業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ