上沼恵美子、姉と8年に及ぶ亀裂も母の介護契機に関係修復

4月11日(木)7時0分 NEWSポストセブン

昨年7月、本誌の取材に応える上沼

写真を拡大

 関西地方で抜群の知名度を誇る上沼恵美子(63才)が突然「姉との金銭トラブル」を告白した。かつて姉妹漫才コンビ「海原千里・万里」として活躍した2人の間に入った亀裂は、8年間という長い期間に及んだという——。


都心から電車で揺られること1時間。下町の風情が残るこの地域は、「物価が安く住みやすい」として最近ファミリー層に人気だ。4月上旬、その町外れにある築30年を超える古びたマンションにひとりの小柄な女性が帰宅した。


 近所のスーパーの買い物袋を手にぶら下げ、スリムパンツにカットソーという軽装でゆっくり歩くこの女性は、海原万里(69才)。「西の女帝」と呼ばれる上沼恵美子の実の姉である。


「妹との金銭トラブルですか…」


 万里は本誌・女性セブン記者の質問を反芻すると、困惑した表情を浮かべてこう答えた。


「確かに恵美子からマンションの購入資金の一部をポンともらったり、コンサートの出演料をいただいたことはあるけど、ずっと仕送りをしてもらったわけじゃない。まるで“たかり”や“ゆすり”をしたかのように思われているんじゃないかと思うとね…」


 事の発端は、3月31日に放送された『上沼・高田のクギズケ! 放送400回SP』(読売テレビ)だった。ゲストの花田虎上(48才)が花田家の家族トラブルを話し始めると、司会の上沼がこう割って入った。


《私も姉とずっと仲がよかったわけじゃないんですよ。結婚してから貧富の差があったんで、ちょっと仲悪かったんです》


 その後、上沼は堰を切ったようにこうまくし立てた。


《お姉ちゃんのご主人もタレントさんやけど、あまり活躍できなかったので収入が薄く、ずっと助けてました。(中略)せやけど、その時にありがとうも、うんともすんとも2〜3年言うてけえへんかったからムカッとして、仲の悪い時期が8年くらいありました》


◆姉が妹に漏らした「何か仕事ないかなぁ」


 上沼は17才で実の姉・万里と漫才コンビ「海原千里・万里」を結成し、売れに売れた。コンビで出した曲『大阪ラプソディー』の売り上げは40万枚と大ヒット。


 人気者の2人を取り巻く環境がガラリと変わったのは1977年。上沼が関西テレビのディレクターだった上沼真平さん(72才)と、万里はコメディアンの夢大作(74才)との結婚を機に、コンビを解散して芸能界をスッパリと引退したことがきっかけだ。


 翌年、上沼は「専業主婦は耐えられない」と芸能界に復帰し、姑に対する愚痴などの本音トークで人気が爆発。関西の芸能界の“女帝”に君臨した。


 夫の真平さんもヒット番組を連発し、会社の要職を歴任するなど好調で、2008年に関西テレビの関連会社社長に就任した。現在、上沼夫婦は大阪屈指の高級住宅地にある、100坪・3階建ての豪邸で暮らす。


 一方の万里が歩んだ「解散後」は、上沼とは対照的だ。結婚して芸能界を引退した後、夫の実家のある静岡県浜松市の木造一戸建てに移り住み、その後都内に居を構えた。現在は自ら「3食昼寝付き芸能人」と称して主婦業を続ける傍ら、たまに上沼の番組にゲスト出演する。


 こうして姉妹の漫才コンビでデビューした2人には、気がつけば“貧富の差”が広がっていた。


「上沼さんは大阪の豪邸以外にもマンションや別荘を5〜6軒持っています。万里さんはいくら経済的に厳しくても意地になって妹に頼らないつもりでしたが、ある時ポロッと『何か仕事ないかなぁ』と口にしたのを上沼さんが聞いた。それで“お姉ちゃんかわいそうや”と不憫に思い、お金を融通し始めたそうです」(芸能関係者)


 大金を稼ぎながらも、「美容院はカットのみ」「靴はもらいもの」を貫くなど、“シブチン”として知られる上沼だが、姉には出し惜しみしなかったという。


「万里さんのマンションの購入費用を出したり、コンサートで東京から大阪に来てもらう時は衣装や楽屋、宿泊費をすべて用意して移動はグリーン車。ギャラも通常ではあり得ない額でした。それでも、万里さんが“援助は当たり前”という雰囲気になっていったそうで上沼さんが“それは違うやろ”と気分を害し、次第に関係が疎遠になった。事実、ある時期から万里さんは上沼さんのコンサートに出なくなり、“お姉さんはどうしたんだろう”とファンは心配していました」(前出・芸能関係者)


 上沼と万里の姉妹関係は母の介護をきっかけに良好になっていったという。


「上沼さんの母親は2014年に89才で肝硬変になり、さらに乳がんが発覚し、入院生活が始まりました。母への愛情が深い上沼さんは、どれだけ忙しくても仕事が終われば病院に駆けつけました。お母さんは2015年末に亡くなりましたが、それまでの入院費用なども上沼さんが工面したと聞いています。上沼さんはすべてを背負い込んでいましたが、逆に“姉と仲違いしている場合じゃない”と思ったそうです。最終的には万里さんも実家に戻り、1か月付きっきりで看病したそうですよ」(前出・芸能関係者)


 母が入院すると、上沼は母に仲がいいきょうだいの姿を見せたいと、関係の修復を決意。介護もきょうだい全員で乗り切った。


「その時の上沼さんはお金のことよりも、お母さんのことで頭がいっぱいでした。万里さんを久しぶりにコンサートにゲストとして呼び、お母さんはその姿を本当に嬉しそうに見ていたそうですよ。数年ぶりに姉妹が笑い合っているところを見せることは、上沼さんの最後の親孝行だったんでしょうね」(前出・芸能関係者)


 当の万里も「不仲時代は終わりました」と言う。


「本当は、姉妹でお金の貸し借りはないのがいちばんいい。でも彼女は、よく気が利く人だから“これ交通費“と言って、くれたりする。誕生日になると私はパジャマとかを贈るのですが、彼女は大きな胡蝶蘭。彼女は稼いできただけ苦労してきた。私やったらプレッシャーで病気になってます。確執とか不仲とか、妹がオーバーにネタとして話している部分もありますよ(笑い)。ずいぶんと前の話ですし、今では妹には本当に感謝しかありません」


 人間、50才を超えたら身内とけんかしないのではなく、諍いを収める術を身につけるのかもしれない。『クギズケ!』で上沼はこう述べた。


《きょうだいはずっと仲いいというのは不自然です! 40才、50才でも仲いいきょうだいって、きんさんぎんさんぐらい違う? でも、それもわからんで!》


※女性セブン2019年4月25日号

NEWSポストセブン

「上沼恵美子」をもっと詳しく

「上沼恵美子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ