「とにかく明るい安村ととにかく投げない木下」はノーサンキュー!とにかく明るい安村、TKO木下のコンビ結成懇願を拒否

4月12日(月)8時8分 ABEMA TIMES

 11日(日)、ABEMAにて極楽とんぼ加藤浩次山本圭壱が出演する「極楽とんぼのタイムリミット」#24が放送。とにかく明るい安村TKO・木下隆行から「“とにかく明るい安村ととにかく投げない木下”としてコンビを組んでほしい」と頼まれるドッキリに遭い、コンビ結成を頑なに拒否した。

▶︎動画:とにかく明るい安村、TKO木下のコンビ結成懇願を拒否

 #24の企画は「人狼的ドッキリ“人ヤラ”にタイムリミット」。木下と元国会議員・上西小百合がそれぞれ3人のターゲットにドッキリをしかけ、その中にまぎれている2人のヤラセ野郎を見破る。

 木下は安村の楽屋を訪れ、「コンビ解散して何年?」と聞くなど、安村の気持ちをさりげなくリサーチ。木下は「解散するねん」とTKO解散の嘘をつき、安村は「ペットボトル解散ってことですか」と勝手にネーミングした。

 すると木下は「コンビ組まへん?」とドッキリの本題へ。安村は「やめてくださいよ」と渋い顔を見せ、「イメージ悪すぎですよ」と最初からキッパリ伝えた。

 木下が食い下がると、安村は「ありがたいですけど事務所の問題もある」とダメな理由を追加。「俺が吉本入るよ」と言う木下に、「いらないですよ、吉本に」「嫌です」と、オブラートに一切包まずズバズバと言い放った。

 ここまで拒絶されると思っていなかった木下は、ペットボトルを手に意味深な仕草。木下が“フリー”になったのはペットボトル投げつけパワハラが原因のため、安村は「投げないでくださいよ!」と警戒心を丸出しにした。

 木下は「とにかく明るい安村と、とにかく投げない木下でさ」ともちかけ、別室でモニタリングしていた加藤や山本は大爆笑。木下は「安心してください。投げませんよ」と安村のネタをパクり、これには安村も苦笑いだった。

 加藤の指示を受け、続いて木下は突然“泣き”の展開へ。木下は目頭を抑え、「もう一回、夢を……」「コンビ組んでくれ。頼むわ……」と土下座ぎみに頭を下げた。

 しかし安村は「無理ですよ木下さん。申し訳ないです」と気持ちが動かず。木下は「ああーっ!」と嗚咽を上げてペットボトルを壁に投げつけ、安村はびっくりして後ろにのけぞり、「ゴリラじゃん」とトホホ顔でつぶやいた。

 ここで加藤が現れネタバラシ。安村は改めて「組むわけない!」と安心した表情を浮かべた。

 果たして、安村はあらかじめ企画を知ってだまされたフリをしている“ヤラセ野郎”なのか?木下は「怪しいと思ってる。ホンマやったら組んでるよね」と安村を疑った。安村は「わざと断ってるわけじゃない。本当に断ってる。何があっても断ってる」と“ガチドッキリ”と説明。実際のところ、安村のドッキリはガチだった。
 

ABEMA TIMES

「とにかく明るい安村」をもっと詳しく

「とにかく明るい安村」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ