二階堂ふみ『ストロベリーナイト』に違和感! 前作主演・竹内結子がまさかの...

4月12日(金)11時7分 まいじつ


(C)まいじつ



二階堂ふみ亀梨和也がダブル主演を務めるドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)が4月11日にスタートした。二階堂、亀梨の演技は高く評価されたものの、竹内結子が主演したかつてのキャストを懐かしむ声が続出。「竹内結子の演技にはかなわない」などの感想も多く上がり、この日のツイッターで「竹内結子」がトレンド入りする皮肉な事態となった。


【関連】嫌われ女王・二階堂ふみ『ゴチ』帰還に「どのツラ下げて…」の理由 ほか


男性中心の警視庁捜査一課の中で、ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事・姫川(二階堂)の奮闘を描いた同ドラマ。「姫川班」の中で菊田(亀梨)ら部下が年下の姫川を支えながら難事件を解決していく。


初回で姫川はライバル刑事の勝俣(江口洋介)から妨害を受けながらも捜査を展開。公園内のため池周辺で傷だらけの遺体が発見された事件の中で、姫川は鋭い洞察力と〝勘〟を駆使して真相に近づいていく。


グロテスクな殺人描写や、初回から「姫川班」の仲間が殺されるなどハードな展開で、視聴者からは「今の地上波ってここまで見せるんだね」と驚きの声も上がった。



「竹内結子と西島秀俊のイメージが強過ぎる」


初回を終えて、


《二階堂ふみは狂気じみてうまい、江口洋介は普通にうまい》


との声も上がったが、視聴者は前作に比べてキャストが「若過ぎる」と指摘していた。前作では当時30代前半の竹内や、40代前半の西島秀俊が出演。一方今作は、24歳の二階堂、33歳の亀梨が出演し、前と比べてかなり若い。江口が演じた勝俣役も、前作では武田鉄矢が務めていた。



《二階堂ふみちゃんと亀梨和也さん頑張っているけどパワー不足かな》

《この2人がダメとかではなく、全体的に年齢が若過ぎるやろ》

《ストロベリーナイトは竹内結子と西島秀俊のイメージが強過ぎて違和感がハンパない》

《やっぱストロベリーナイトの姫川&菊田コンビは竹内結子&西島秀俊じゃなきゃ》



ツイッターでは主演の2人を竹内、西島と比較する声が続出した。



《違って当たり前だろ。(竹内と西島に)寄せるわけないじゃん》



とフォローする声もあったが、こうした議論があり、同ドラマの放送時間帯に「竹内結子」がトレンド入りすることとなった。


タイトルにある『サーガ』は原作者、誉田哲也氏の小説「姫川玲子」シリーズのうちで映像化されていなかった〝外伝的〟な意味があるという。前作の印象が強過ぎることは確かなようだが、今後のストーリーで独自色が出せるのか注目したい。



まいじつ

「竹内結子」をもっと詳しく

「竹内結子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ