腐女子の祭典「BLアワード2019」発表!コミック部門1位に『リカー&シガレット』、シリーズ部門1位に『憂鬱な朝』

4月12日(金)20時0分 にじめん





BL情報サイトちるちるにおいて、2018年のベストBLを選ぶ「BLアワード2019」の結果が発表!

今年の投票数は昨年の1.5倍。2018年に話題となったコミック、小説、CD、アニメ、活躍した声優を8000人近いファンの投票によりランキングが決定しました。



毎年注目度が最も高いコミック部門の1位に輝いたのは『リカー&シガレット』!異国の街で繰り広げられる幼馴染み同士の恋物語を丁寧に甘くそして激しく描き、多くの支持を獲得しました。

シリーズ部門は、執筆期間10年に渡る長編『憂鬱な朝』の完結巻が、ユーザーから圧倒的な支持を得てBESTシリーズ1位を受賞。

その他声優部門では、BLCD出演数、演技力ともに文句なしの古川慎さんがMVPに輝きました。

BESTコミック 1位



『リカー&シガレット』座裏屋蘭丸先生



お向かい同士で店を構える酒屋のテオとタバコ屋のカミロ。二人は幼馴染みだが、カミロが自分に特別な想いを寄せていることをテオは知っていた。

テオもカミロを意識していたが、それが恋愛感情からくるものなのかどうかわからずにいた。

そんな時、カミロに「お試しでいいから付き合ってみない?」と提案され、迷いながらもテオは受け入れる。その後、情熱的なキスをされたり優しく愛撫されたり、今までと違う雄の顔を見せるカミロにテオは…?

▼無料立ち読みはコチラ
https://www.cmoa.jp/title/149912/

BESTシリーズ 1位



『憂鬱な朝』日高ショーコ先生



亡き先代の面影が残る鎌倉の地で、思い出す確執と擦れ違いの日々──暁人の渡英が迫る中、過去と向き合った桂木は「二年間は長すぎます」と本音を吐露してしまう。

そんな真摯な桂木に、暁人は「一緒に英国へ行かないか?」と旅券を渡して…!? 久世家を守り、未来を繋げるために、二人が歩んだ恋の軌跡、ついに感動の最終巻!!

▼無料立ち読みはコチラ
https://www.cmoa.jp/title/50969/vol/8/

BEST次に来るBL 1位



『鬼と天国』作画:お吉川京子先生/原作:阿賀直己先生



高校勤務の青鬼は、最低限しかやる気を出さない省エネ教師。先輩教師にどやされ、なかなか教室に来ない生徒の様子見のために向かった“保健室”で初めてまともに話した、どうにも掴めない養護教諭・天獄。

熱心な教師を演じる青鬼の本性をあっさり見破って、にっこり笑顔。この出来事で天獄のことが苦手だと再認識したはずなのに、「赴任してきてからずうっと見てた」とカミングアウト。

更に青鬼のことを“純情”だと言って、いきなりくちづけをされて——?

変態系ぶっこわれ保健医xくたびれ純情教師、臆病な青鬼を待ち受けるのは天国か地獄か?

▼無料立ち読みはコチラ

https://www.cmoa.jp/title/161516/

BEST ERO 1位



『はじまりはナカから』みちのくアタミ先生



趣味で尿道ブジーの通販サイトを営んでいるサラリーマンの糸口は、購入希望者の中に上司である基山の名前を発見する。

後日、基山の自宅へ尿道ブジーを持参し、そのまま”レクチャー”を開始。初めてにも関わらず、とろとろに蕩けてしまった基山を目の前にして、糸口は昂ぶりを抑えきれずに…!?

▼無料立ち読みはコチラ

https://www.cmoa.jp/title/146192/

BESTディープ 1位



『落果』akabeko先生



耳の穴だけで腰砕けちゃうの?

新人ホストのレオは、罰ゲームで男性向け風俗店に連れて来られた。現れた男は何だか逆らえない雰囲気。腹部を水で満たされ放出させられる羞恥に、男をゲスと罵るレオ。

しかし、未通の穴を抉られる快楽には抗えない…!レオは一夜にして、ハメられて悦ぶはしたない身体にしこまれてしまった。数年後、人気ホストに出世するも犯された夜を忘れられないレオと因縁の男が再会して——!?

▼無料立ち読みはコチラ

https://www.cmoa.jp/title/144346/

BEST表紙デザイン 1位



『夜明けにふる、』ハヤカワノジコ先生



初恋は実らない、なんて誰が言い出したんだ、コンニャロウ──

高校生の翔太は、小学生の時に担任だった星野のことが今でも大好きだ。そんな翔太を同級生の大樹も小学生の時からずっと見続けてきた。幼い頃から続くまっすぐな想い。

彼らの一途な初恋の行方は…?

▼無料立ち読みはコチラ
https://www.cmoa.jp/title/156690/

BEST小説 1位



『恋敵と虹彩〜イエスかノーか半分か番外篇2〜』一穂ミチ先生/竹美家らら先生



旭テレビに中途採用の新人社員が入社してきた。恵小太郎、アメリカ帰りの27歳。現場研修中、深が面倒を見ることになる。

小太郎は真面目で優秀だったが、実は竜起の幼馴染みで竜起を目の敵にしていた。竜起は気にしていないためその執着は若干片想いめいていた。一方で小太郎は、竜起と深が付き合っているとは露知らず、親身に仕事を教える深に懐いてきて……?

計と潮も登場する後日談つき、「横顔と虹彩」続篇!!

▼購入はコチラ

https://www.cmoa.jp/title/1101176025/vol/2/

BEST攻 1位



東谷准太




『抱かれたい男1位に脅されています。(5)』桜日梯子先生

「抱かれたい男」1位の称号は伊達じゃない! 可愛さとカッコ良さを併せ持ち、天使を地で行く准太が攻めキャラランキングの称号をも掻っ攫う!

生きた心地がしないまま迎えた5巻、覚悟を決めた表情がカッコイイ。腹黒天使が炸裂でした。どこまでも高人一筋の准太が文句なしの2019年ナンバーワン攻めですね!!

▼無料立ち読みはコチラ

https://www.cmoa.jp/title/149244/vol/5/

BEST受 1位



桂木智之



『憂鬱な朝(8)』日高ショーコ先生

なぜこの人はこんなにも格好いいのだろうか。頭脳明晰で容姿端麗、その作り物のように冷たく美しい横顔に誰もが魅了される。

そんな桂木が一人の男に愛され、葛藤し、もがき、成長する姿は感動的でありながら、どこか官能的だ。無機質な人形が息を吹き返してゆくように、愛を知り色づいたその美しさに目が離せない。

▼無料立ち読みはコチラ

https://www.cmoa.jp/title/50969/vol/8/

BEST BLCD 1位



『かしこまりました、デスティニー -Answer-』



原作:さちも先生
作品演出・監督:蜂谷幸さん
発売会社:Ginger Records
CV:前野智昭さんx興津和幸さん
発 売 日 :2018/3/30

▼購入はコチラ

https://amzn.to/2Uulbzr

BEST BLCD声優 1位



古川慎さん



期待の新人として登場してからわずか2年。数多の耳を孕ませてきた魅惑の吐息がBLアワードを制す──。

とろけるような低音、股間に響く可愛らしい声……あらゆる声がたったひとつの声帯から紡がれる奇跡。

平成最後の大出世を目の当たりにできた幸せを噛み締めつつ、まこにゃんの新作をポチるのであった〜完〜

BLアワード2019フェア開催



また発表とともに、「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2019(日販主催)」と、「BLアワード2019(ちるちる主催)」、全国書店、電子ストア「コミックシーモア」「honto」「Renta!」などで「BLアワード」フェアの合同フェアがスタート!

「BLアワード2019」、「全国書店員が選んだおすすめBLコミック2019」の上位受賞作品を中心としたBL本を2冊購入すると限定小冊子『HOW TO BL 2019』が1冊配布されます。



小冊子『HOW TO BL 2019』とは、2018年BL界を彩った作品の特別描き下ろし漫画25作品、ランキング上位作家コメントが掲載された68Pの小冊子です。

詳細はフェア特設ページにてご確認下さい。

フェア特設ページ:https://www.chil-chil.net/compNewsDetail/k/blnews/no/20452/

「BLアワード2019」

https://www.chil-chil.net/blAwardRank/y/2019/

BLアワード2019 開催概要

主催・企画・運営 株式会社サンディアス
対象作品 (巻末に記載された)発売日が2018年1月1日〜2018年12月31日のBL関連作品
投票対象:コミック・小説・CD・声優・アニメ・攻め・受け・次に来る(新人)・ero・ディープ・シリーズ・表紙デザイン(ノミネート制)
投票期間:2018年1月25日〜2018年2月11日 ウェブ投票のみ受付

「ちるちる」

公式サイト:https://www.chil-chil.net/
公式Twitter:https://twitter.com/chillchill_bl

関連記事
腐女子は5秒ほど考えちゃう!?思わず「攻め」を探してしまう"パン"が登場!ツイートは約32,000いいねを突破

「綺麗」「全世界の腐女子に見て欲しい」大きな話題となったBLアニメ『過呼吸』日本語吹替版DVD付きコミックス発売決定!

みんなはどの作品に投票する?腐女子の祭典!商業BL総選挙「BLアワード2019」投票スタート!

にじめん

「コミック」をもっと詳しく

「コミック」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ