宅麻伸「30代から50代、僕はずっと島耕作で飯を食っていた…」役柄のインパクトを振り返る

4月12日(月)19時40分 TOKYO FM+

TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。3月29 日(月)のお客様は、漫画家の弘兼憲史さんと俳優の宅麻伸さん。“島耕作”コンビの深夜トークが止まらない!?
▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)宅麻伸さん、弘兼憲史さん


◆「30代から50代、僕はずっと島耕作で飯を食っていた…」(宅麻伸)
弘兼:そもそも僕と宅麻さんの仲は漫画から始まるわけですが、(弘兼さんの著作)「課長 島耕作」を、フジテレビのテレビドラマをやって頂いて。
宅麻:僕が33、34歳の頃でしたっけ?
弘兼:じゃあ、もう30年近く前。
宅麻:30代はわりと島耕作でご飯を食べていた部分もありまして(笑)。40代がなんとなく平穏に終わったかなと思った次の50代になって、人気作家であり演出家でもある福田雄一さんが「勇者ヨシヒコ」っていうドラマをやるときに、僕もキャスティングされたんですね。
福田さんに会ったときに、「宅麻さんをキャスティングした理由は何かというと、ドコモのコマーシャルで島耕作がムーバを使うのを観ていたので、宅麻さんとやってみたかった」って言われたんです。それが50代のときだから、30代から50代にかけて、僕はずっと島耕作に引っ張られていたんですよ(笑)。
弘兼:一時期、ヤクザ系もやっていましたよね。あの刺青ってどうやってやるんですか。
宅麻:あれは型を取ったものがありまして、うつ伏せに寝てると背中にペタッと貼って、あとは線を引いて、その後に色付けをして。朝5時頃から素っ裸になって、大体4、5時間はかかりますね。
弘兼:え! 4、5時間も? その間トイレとかに行きたくなったらどうするんですか?
宅麻:(笑)。でも、人が何かをしてくれているっていうのがものすごく気持ちいいんですよ。
弘兼:それ、女性がやってくれるんですか?
宅麻:男ですよ。
弘兼:よく男性に4時間も触らせますね。例えば、ビジネスホテルとかに行って、マッサージさんを頼むときは、必ず女性の方を頼みます。男性に体を触られるのがちょっと苦手なので。
宅麻:そんなことを言ってたら、仕事ができないじゃないですか、僕が。でも、やっぱり眠くなりますよ、素っ裸で人に体触られていると。
弘兼:素っ裸って言うと、パンツも脱いでいるんですか?
宅麻:脱いでますよ。お尻までお絵描きしてるから(笑)。
*   *   *
来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……
4月12日(月)青木さやかさん×IMARUさん
4月13日(火)マヂカルラブリー×永野さん
4月14日(水)工藤遥さん×ゴスペラーズ・北山陽一さん
4月15日(木)矢口真里さん×峯岸みなみさん
がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!
----------------------------------------------------
▶▶相談役・島耕作がコロナに罹患して…? この続きは「AuDee(オーディー)」でチェック!
スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→ https://audee.jp/about
----------------------------------------------------
<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/

TOKYO FM+

「宅麻伸」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ