宇垣美里×田中みな実「バトル」の行方(1)「キャラをパクられた!」

4月13日(土)18時0分 アサ芸Biz

田中宇垣

写真を拡大

 この春からフリーアナとなった宇垣美里に注目が集まっている。すでにテレビ各局から出演依頼が届いているといわれるが、彼女の前にはTBSの先輩でもある田中みな実が強烈なライバルとして立ちはだかっているという。

 両者の“関係”についてTBS関係者が語る。

「宇垣が入社した14年の9月に田中はフリー転身。つまり会社で机を並べた時間は半年にも満たず、その間、田中は独立のことで頭がいっぱいだったため、接点は多くなかったんです。ただ少ない接点にもかかわらず、田中は入社当時から宇垣のことを猛烈に意識していたのです」

 2人とも男ウケする“ブリッコ”で人気に。田中もそのあたりを敏感に感じ取っているようで、宇垣は絶対に共存しえない相手だという。

「田中は宇垣に関して『キャラがかぶってる』と周囲にボヤいていた。なんでも『宇垣と一緒のところにいると私の存在が地味になってしまう』とのこと。その後、田中が退社してフリーアナと局アナという異なる立場となり、不仲説は立ち消えになっていたのですが‥‥」(同前)

 ところがここ最近、キャラクターを巡って、両者の“対立”が再燃しているというのである。

「田中、宇垣ともに『闇キャラ』を前面に出すようになりましたからね。田中は年に2回も自宅の盗聴器検査していることを明かし内面の闇をアピールすると、宇垣は『私には私の地獄がある』との名言。田中は『もともと闇系は私が考えたキャラ』と主張しているようで、周囲のテレビ関係者たちに『宇垣にパクられた』と不快感を示しているようです。一方の宇垣はそんな田中の怒りもどこ吹く風だとか」(同前)

 2人が初めて“直接対決”したのが、昨年6月に放送されたTBS系ラジオ「ドランクドラゴン鈴木拓宅」だった。

「宇垣は番組アシスタントを務めていたのですが、ゲストとして出演した田中は終始、上から目線でツンケンした態度をとったんです。あげくの果てには宇垣の原稿読みにダメ出し、“新人アナ扱い”していました。宇垣は笑って対応していたものの、ピリピリと不穏な空気は隠しきれませんでしたね」(ラジオ関係者)

 そんな中での「宇垣独立」である。

「焦る田中は過激路線に走っていますよ。昨年秋頃に宇垣のフリー転身説がささやかれ始めてから、田中は危機感をあらわにしていた。そこで田中が決断したのが“脱げる女優”としての活動というわけです」(前出・TBS関係者)

アサ芸Biz

「宇垣美里」をもっと詳しく

「宇垣美里」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ