アンジャ渡部建も知らない?佐々木希の“最凶”都市伝説とは!?

4月13日(木)17時59分 アサ芸プラス

 4月11日に婚姻届を提出したアンジャッシュ渡部建と女優・佐々木希が同日、それぞれのインスタグラムで、同じ場所から撮ったと見られる満開の桜の写真を投稿。渡部は「たくさんのお祝いメッセージありがとうございました!より一層頑張ります!」、佐々木は「沢山の愛のあるコメント ありがとうございます 皆さんの温かいコメント 全て読ませていただいてます。嬉しいなぁ」とのメッセージを寄せた。

 交際を直前まで公表しなかった渡部だが、そのことで生まれたお決まりのフレーズが「ネットを見ろ!」だった。そのネット上では、佐々木に対するある「都市伝説」がまことしやかに流れている。それが、佐々木がデビュー前に“髪切りデスマッチ”を行ったというものだ。芸能記者が解説する。

「秋田県出身の彼女は、中学に入ると急にグレ始め、せっかくの色白美人から日焼けした金髪ガングロのギャルへと変わってしまった。中学生になると、ほとんど学校に行かなくなり、出席日数が足りなくて卒業もギリギリだったようです。そして、ヤンキー街道まっしぐらとなった彼女が、地元の祭りの夜に女同士のタイマン勝負をすることに。殴る蹴るの激しいケンカは佐々木の勝利で終わり、負けた相手は制裁としてみんなの前で髪を切られたというのですが‥‥。夫の渡部にはコトの真偽をレポートしてもらいたいですね」

 現在発売中の「アサ芸シークレットVol.45」では、有名美女たちの「ホンマかいな!?」な都市伝説を一斉公開。ぜひチェックしてみてはどうか。

アサ芸プラス

「渡部建」をもっと詳しく

「渡部建」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ