NETFLIX使い倒し術!ヘビーユーザーのオススメ9作品

4月13日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

『週刊ダイヤモンド』4月20日号の第1特集は「NETFLIXとナベツネとコンテンツの未来」です。ネットフリックスの魅力は豊富なコンテンツ。見始めると、あっという間に時間が過ぎていきます。何を見ればよいのか迷う読者のために、英語学習に有効な作品や本誌のオススメをまとめました。21世紀の“時間泥棒”をぜひ有効活用してください。(本記事は特集からの抜粋です)


締切の合間に視聴する

中毒者もちらほら



「NETFLIX」(ネットフリックス)は映画やドラマシリーズ、ドキュメンタリーをインターネットで配信するサービスだ。世界最大手で、今、動画配信事業者の中で最も注目されている。


 有料会員(スタンダードプランは月額1200円(税抜))になれば、いつでも見たい作品を、好きなだけ見ることができる。自宅のテレビでインターネットに接続すれば見ることができるし、パソコンやタブレット型端末、スマートフォンでも見ることができる。


 一昔前、映画館以外で映画を見ようと思ったらレンタル店でDVDを借りてくるか、地上波で放映されるときに見るというのが定番だった。


 しかし、レンタルするには店に行かなくてならない。返すのもめんどうだ。これはネットフリックス創業者のリード・ヘイスティングスCEOも言っている。映画「アポロ13」をレンタルし、返すのを忘れたヘイスティングスCEOは、延滞料40ドルを支払うのはめになった。それがきっかけで、定額で見放題のネットフリックスのビジネスモデルを思いついたというのは有名な話だ。


 たまに地上波で映画が放映されるが、途中でコマーシャルが入るのが煩わしい。良いところで必ずといっていいほど邪魔をする。そもそも、仮にその作品を見たいと思っても、その時間にテレビの前にいるのはなかなか難しい。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「ダイヤモンド」をもっと詳しく

「ダイヤモンド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ