不倫発覚から再構築中の安田美沙子「もう一度誓い直し」で号泣、幸せブログがツライ

4月13日(木)3時30分 messy

『「またあれ作って」と言われる幸せごはんレシピ 』(講談社)

写真を拡大

昨年末、タレント・安田美沙子(34)の夫が、独身女性と不倫関係にあることを「週刊文春」(文藝春秋)が報じ、安田が妊娠中であったことなどから小倉優子(夫が第二子妊娠中に不倫発覚)と似た状況であると盛んに言われた。その小倉は先頃、正式に離婚を発表し、二児を育てるシングルマザーとしてテレビバラエティにどんどん出演しはじめている。

一方の安田は、「浮気をしたらこれから先はないと前から伝えていましたが、今の私には彼のいない人生は考えられません」「沢山、沢山話し合って、これから産まれてくる子供のためにも、家族としてさらに深く向き合っていこうという事になりました。またゼロから、夫婦の形を作って行きたいと思いますので、まだまだ未熟な2人ですが、温かく見守って頂けると幸いです」とコメントを発表、離婚しない道を選択している。大先輩・和田アキ子の「一回くらい許してやれ」との助言もあり、目下、夫婦関係を再構築中だ。

安田は2014年3月に入籍、15年4月に東京目黒区・八芳園にて挙式・披露宴を開いている。その“挙式記念日”である4月5日に、八芳園で夫と再び永遠の愛を誓い合ったことを自身のブログに綴っている。妊娠中に浮気をしていた夫の「誓い」をあらためて信じようという安田の気概がすごい。

八芳園では挙式をあげるカップルに「アニュアルレター」の作成をすすめているが、これは一冊の立派な本のような装丁のメッセージ帳。毎年の結婚記念日ごとに次の記念日までの誓いや互いへのメッセージを書き記すもので、夫は左ページから、妻は右ページから書いていくならわし。安田のブログには、自宅でこっそりお互いに綴った「アニュアルレター」のメッセージを読み上げて号泣した、とある。

「色々あった1年、山あり、谷あり、色々乗り越えて来て、リセットしたこともあるし、積み重ねてきたものもあるし。。。年輪のように、さらに深くなりたいです。
お腹の中の赤ちゃんと、あの頃と変わらず隣にいてくれる主人と、この桜の咲く日を八芳園さんで無事に迎えれてほんとに良かった。
沢山泣きながら、お互いのメッセージを読みっこしました。もう一度誓い直し。笑
大事な大事な時間」

さらに“サプライズ”で、教会で夫が花束をプレゼントしてくれ、再び号泣したという。「まだまだ結婚式から2周年。これからですな」と、末永く共にいることを心に誓ったようだ。



安田のブログは、不倫報道前から「主人」の話題が盛りだくさんだが、報道後もそれは変わらないどころか、いっそう「主人」語りは増えている。文字にし、さらに不特定多数に公開することで、「信じよう」という気持ちが強く固まるものなのかもしれないが、一部ブログ読者からは「痛々しい」「読んでいてツラくなる」と目を覆うコメントも出ている(当然、ブログのコメント欄に書かれるものではない)。

確かに一度約束を裏切った相手を、心から信じきることは困難を伴う。発言小町等の相談サイトには、「再構築中だけど、傷が癒えずしんどい」という不倫された側からの悲痛な相談が絶えず投稿されている。それでも「大丈夫だ」と振る舞うことで、本当に大丈夫に思えてくることもあるから人間は不思議なものだ。妻としての幸せアピールは今後の浮気の予防線にもなる(もちろんそんな予防線を屁とも思わず飛び越えて浮気相手の座におさまる兵もいるわけだが)。とはいえ本人のいうように、まだ夫婦の歴史はたった2年。今後、無事お子さんが誕生し、子育てに翻弄されざるを得ない時期がくるが、そのときが安田夫妻の正念場となるだろう。

(天秋あゆみ)

messy

「安田美沙子」をもっと詳しく

「安田美沙子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ