元妻、ジョニー・デップの薬物乱用による暴力主張

4月13日(土)7時32分 ナリナリドットコム

アンバー・ハード(32歳)は、元夫ジョニー・デップ(55歳)が、薬物やアルコールの乱用により暴力的な振る舞いをしていたと主張している。

1年ほどの結婚生活を経て、2016年5月にジョニーとの離婚を申請したアンバーは以前、ジョニーの家庭内暴力を訴えていたが、それが「手の込んだ悪戯」だったとして、現在はジョニー側から約50億円もの名誉棄損訴訟を起こされている。

この訴訟に関してアンバーは、ジョニーは何があったか忘れてしまうほど頻繁に泥酔していたため、彼女が訴えていた被害についても覚えていないのだと反訴しているところだ。

ザ・ポストが入手した裁判所書類の中で、アンバーはこう記している。

「結婚してから1年程が経過した頃、ジョニーが薬物やアルコールを乱用していることが分かりました。麻薬や非合法な処方薬を同時に使い、私が治療を手配する羽目になったことも何度かありました」
「彼が(薬物を)使っている時はいつも心配させられました。彼は全くの別人になってしまうんです。よく妄想が激しくなり暴力的になりました」
「そんな状態のジョニーを『モンスター』と呼んでいました」
「ジョニーは、飲酒や薬を服用してからの自分の妄想や乱行を覚えていないことが多々ありました。私はジョニーのことを愛していましたので、更生するという彼の約束を信じていました。しかし私は間違っていました」

また、飲酒してから飛行機に登場した際に、アンバーがジェームズ・フランコとラブシーンを撮影したことを気に入らなかったとして、ジョニーが暴力的になったという例を挙げたほか、首を絞められたり、殴られたり、缶や未開封のガラス製のボトルを投げつけられたとしている。

そしてアンバーは自身のことを「嘘つき」呼ばわりする人々についても批判し、世の中から家庭内暴力を無くしたいと綴っている。

ナリナリドットコム

「暴力」をもっと詳しく

「暴力」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ