立川談笑の改作『らくだ』 驚愕のロジックで後日談へつなぐ

4月13日(金)16時0分 NEWSポストセブン

談笑ならではのロジックに脱帽

写真を拡大

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、改作落語で知られる立川談笑による『らくだ』改作と後日談における、談笑ならではのロジックの存在についてお届けする。


 * * *

 立川談笑と言えば改作落語。たとえば2月14日の「談笑月例独演会」(東京・博品館劇場)で演じた彼の『鰍沢』はこういう噺だ。


 吉原の月の兎花魁は平吉という客に無理心中を仕掛けられたが、何とか逃れて甲州の山奥で猟師の熊蔵と結婚し、お熊と名乗って平穏な日々を過ごしていた。ところが大雪の晩、道に迷った旅人を迎え入れてみると、執念深く月の兎を探していた平吉で、この男が熊蔵を殺そうと玉子酒に毒を入れ、熊蔵はそれを飲んでしまう。お熊は、無理やり江戸に連れ戻そうとする平吉に銃を向けて追い出すが、平吉は大声で「月の兎がここにいるって役人に届けてやる!」と捨て台詞。それを聞いたお熊は銃を持って男を追う……。


 本来の『鰍沢』とは正反対の展開だが、談笑版のほうがより人情噺らしく、胸に迫る。


 この談笑が古典の「外伝」を創作する落語会が世田谷区の成城ホールで不定期開催されている。題して「談笑『落語外伝』名作落語〜それまで・そのあと・スピンオフ〜」。2月20日に行なわれた第4回のテーマは『らくだ』で、談笑は前半に『らくだ』を演じ、後半で『らくだ後日談』を披露した。ちなみにこの公演、本来は1月22日開催だったが、当日朝から東京は大雪で交通網に大きな影響が予想されたため、午後の早い段階で延期を決定したものだ。


 談笑の『らくだ』自体も改作で、ラストに「こう来たか!」と唸らされる見事なオチが用意されている。だがこの日彼が演じた『らくだ』にはそれがなく、オーソドックスに「魚屋へ行ってマグロのブツ持ってこい! 寄越すの寄越さないの言ったら、かんかんのうを踊らせろ」でサゲた。後半の「後日談」へとスムーズに繋げるためだ。


 らくだの弔いが済んで、翌日。「らくだの母」と名乗る上品な女性が長屋に現われ、らくだは実は「相模屋金兵衛」という茶道具を扱う大店の主人だったのだと言う。母の「思いやりのある子でした」という発言に、乱暴者のらくだに手を焼いていた長屋の皆は驚くが、母の話を聞いていくと、漬物屋で悪態をついたり屑屋を虐めたりといった、らくだの一見理不尽な行動の数々にも、すべて真っ当な理由があったのだと判明。さらに大家がやって来ると、らくだがこの長屋に来た「本当の理由」が明かされて……。


 談笑ならではのロジックで構築された驚愕の真実。「らくだ」という渾名の由来も解明された『らくだ後日談』、この日限りに終わらせず、磨き上げての再演を期待したい。


●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。


※週刊ポスト2018年4月20日号

NEWSポストセブン

「立川」をもっと詳しく

「立川」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ