蒼井そら 「元AV女優へのバッシング目の当たりに」出産ドキュメンタリー番組の内容が勘違いされる

4月13日(土)11時0分 Techinsight

「勘違いをする人たちはいるだろうなとは思っていましたが…」と蒼井そら(画像は『蒼井そら 2019年4月12日付オフィシャルブログ「報告とニュース記事を見た方へ。」』のスクリーンショット)

写真を拡大

双子を妊娠中のタレント・蒼井そらが自身に密着した、出産ドキュメンタリー番組『蒼井そら出産当日アジア同時生中継〜Welcome to the world, Sola’s baby〜』(AbemaTV)-出産当日放送予定-について、「出産シーンを生放送するわけでは無い」とブログで説明している。同番組の告知がニュースになったところ、内容を勘違いした人がいるらしい。

昨年12月に妊娠を発表し、オフィシャルブログ『今日のSOLA模様』で妊婦生活の様子を綴っている蒼井そら。あらかじめ予定を組んで行う予定帝王切開での出産を決めたことは、10日のブログで報告している。

しかし12日、「蒼井そら、出産当日を生中継へ」「蒼井そら、出産生放送へ 海外にも配信」などと報じたことから、出産の生中継だと勘違いする人が続出したようだ。この事態に、ブログで「私がアダルトをやっていたという経験から、想像がそっち方面に行ってしまうのも無理はないと思いますがね」とあくまでも冷静な蒼井。そして「当たり前ですが手術中、その場の放送はできません」、「陣痛で苦しんでいる姿もありません」としている。彼女としては出産当日の生中継よりも、密着取材されていた3か月間のVTRをぜひ見て欲しいとのことだ。

「ただ改めて、元AV女優ということのバッシングの大きさを目の当たりにしました」と記しているが、発信は続けていくと決意は固い。自分が母親になることを公にしたことで、背中を押される人、勇気付けられる人、共感を得る人、批判的な意見より沢山の応援の方が多いと、ブログを通して感じたからだという。

画像は『蒼井そら 2019年4月12日付オフィシャルブログ「報告とニュース記事を見た方へ。」』のスクリーンショット

Techinsight

「蒼井そら」をもっと詳しく

「蒼井そら」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ