元力士・大至「女の赤ちゃんを抱いて土俵に上がったらケガした」の波紋

4月14日(土)10時14分 アサジョ

 元横綱・日馬富士の暴行問題に続き、貴乃花部屋の力士の暴行問題。さらに、地方巡業の「舞鶴場所」で挨拶中の舞鶴市長がくも膜下出血で倒れ「女性は土俵から降りろ」とアナウンスされた問題など、連日相撲関連の話題がワイドショーで取り上げられている。そこで、大活躍しているのが相撲コメンテーターとして引っ張りだこの元力士・大至なのだが、その発言内容が問題視されている。

「舞鶴場所」の一件では、次の巡業先の「宝塚場所」で、女性市長が“土俵上で挨拶したいという要望を断られた”という話題で、却下した勧進元を支持し「(この騒動に)乗っかりすぎ」と即答。続いて「宝塚の舞台にも男性は上げないでしょ」と畳みかけた。

 しかし、この発言に視聴者から「宝塚が男性を舞台に上げないのはショーのこと。誰かが倒れて男性の医者は舞台から降りろなんて絶対に言わない」「人命より大切な伝統ってなんだよ」など猛反発を食らった。

 そして、4月13日放送の「情報ライブミヤネ屋」(日本テレビ系)でも、気になる発言があった。それは、4月8日に行われた大相撲春巡業「富士山静岡場所」で、力士が子供に土俵上で稽古を付ける「ちびっこ相撲」に、小学生の女児が参加できなかった話題が取り上げられた時のこと。

 この日も大至は、土俵上女人禁制を支持。その理由として、神事であること、ゲン担ぎの意味もあると発言。そして「僕も女の赤ちゃんを抱いて土俵に上がったことがあるが、その時、ケガをしましたからね」とコメントしたのだ。

 スポーツライターは「そもそも赤ちゃんは無垢な存在であり、女の子であっても女人ではない。たまたまケガしたことを、その赤ちゃんのせいにするのはいかがなものか」と憤慨する。

 日増しにエスカレートする大至の暴言が波紋を広げている。

アサジョ

「力士」をもっと詳しく

「力士」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ