片岡愛之助、息子へのDNA鑑定要求を「事実とかけ離れた記事」と否定

4月14日(木)10時17分 BIGLOBEニュース編集部

片岡愛之助、息子へのDNA鑑定要求を「事実とかけ離れた記事」と否定/画像は片岡愛之助オフィシャルブログ スクリーンショット

写真を拡大

歌舞伎俳優の片岡愛之助は14日、5年前に隠し子として騒がれた息子に対しDNA鑑定を要求しているとの報道を「事実とかけ離れた記事」と否定した。


片岡は自身のブログで、「御心配をおかけして申し訳ございません」とファンや関係者に謝罪。報じられた内容については、「今の時期に突然のことで、しかも事実とかけ離れた記事の内容が出ており、僕自身 大変驚いております」と否定した。ただ、「この件に関しましては、弁護士を立て以前より話をさせて頂いております」とのことで、実際にDNA鑑定を要求しているかは明らかにしなかった。


片岡の息子へのDNA鑑定要求は、4月14日発売の週刊文春が掲載。息子の母親の話として報じた内容によると、片岡側は高校2年生になる息子のDNA鑑定を要求しており、母親がこの事実を知ったのは、片岡と女優・藤原紀香との結婚会見の翌日。母親は、「自分の息子だと発表したにも拘わらず、今さら何で?」、「息子をどうするつもりなのでしょうか」と驚きと怒りを告白したとしている。

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

DNAをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ