浅野忠信、2年連続で主演作がカンヌ国際映画祭「ある視点」部門に選出! 『淵に立つ』

4月14日(木)21時45分 シネマカフェ

『淵に立つ』- (C) 2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMA

写真を拡大

浅野忠信を主演に迎えた、『ほとりの朔子』『さようなら』の深田晃司監督による最新作『淵に立つ』が、「第69回カンヌ国際映画祭」に出品されることが発表された。浅野さんは、昨年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で日本人初の監督賞を受賞した『岸辺の旅』(黒沢清監督)に続き、2年連続で同部門に主演作が選出されたこととなる。

本作は、下町で金属加工業を営む夫婦(古舘寛治、筒井真理子)のもとに突然1人の男(浅野忠信)が現れ、奇妙な共同生活が始まり、一見平和だった家族に“異物”が混入することで夫婦それぞれが抱える秘密があぶり出されていく人間ドラマ。夫婦とは、家族とは、愛とは、人間とは何か、普遍的なテーマを問いかけながら、人間の心の奥底を揺さぶる衝撃作だ。

世界の映画祭で数々の受賞歴を誇る『歓待』、二階堂ふみ主演『ほとりの朔子』、平田オリザの戯曲映画化『さようなら』など、次々と話題作を世に出し続ける深田監督がメガホンをとる本作には、主演の浅野さんをはじめ、深田組常連の古舘寛治、映画・テレビ、舞台と幅広く活躍する筒井真理子のほか、太賀、三浦貴大ら実力派若手俳優陣も参加している。

また本作は、カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門オープニング作品に選ばれた『あん』の主要メンバーによる製作チームと、フランス(COMME DES CINEMA)との共同制作で行われた、日仏合作作品。今回の決定について深田監督は「選出の知らせに驚いています。『淵に立つ』は10年近く温めていた企画で、それが無事完成しただけでも幸運なのに、こうして最高の形で世界に届けられることを嬉しく思います」と特別想いを込めた作品とあって喜びはひとしおのようだ。

昨年のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で日本人初の監督賞を受賞した『岸辺の旅』でも、深津絵里とともに主演をつとめた浅野さんは、2年連続で同部門に主演作が選出される快挙となった。

『淵に立つ』は2016年秋、有楽町スバル座ほか全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

カンヌ国際映画祭をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ