ベルと野獣の関係が動き出す…吹替版「愛の芽生え」がお披露目『美女と野獣』

4月14日(金)12時0分 シネマカフェ

実写映画『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真を拡大

ディズニーの名作アニメーションをエマ・ワトソン主演で実写化した『美女と野獣』。公開から1か月を迎える前に全世界興収は10億ドルに迫り、日本円にしてすでに1,000億円を突破。ほかの作品を大きく引き離し、2017年の世界興行収入トップの大ヒットとなっている(数字はすべてBOX OFFICE MOJO調べ)。

このたび、その本作から、ベルと野獣が自分の想いに気づいていく様子を表現した、ミュージカル史で最も印象的なデュエットソングの1つ「愛の芽生え」を、本作のプレミアム吹き替え版ベル役の昆夏美と野獣役の山崎育三郎が歌う本編映像が公開された。

「愛の芽生え」は、作中で唯一のベルと野獣のデュエットソングで、ベルと野獣が互いの内面に秘められている輝きを見出し、それに惹かれる自分に気づき始める様子を描いたミュージカルナンバー。歌詞ではベルの「優しい心に気づかずにいたの」という野獣の見た目ではなく内面の美しさに触れた心境や、また野獣の「あたたかい、眼差しだ、もう嫌われていないようだ」とベルが自分に心開いてくれた喜びを表現している。

この楽曲について、ベルを演じたエマ自身は「『愛の芽生え』を歌うところが、2人の友情関係が始まるシーン、『美女と野獣』の曲と共に踊るところは、2人が恋に落ちて、恋愛関係が始まるシーンだと思うの」とコメント。また、野獣を演じたダン・スティーヴンスは「あのシーンは物語の中でもすごく興味深い場面で、2人の関係性を少しほぐすようなシーンだからね。ベルは、野獣のことを怖がらなくなる」と、ベルと野獣の関係の変化に言及する。


今回解禁になった映像は本編の一部。アニメーション版でも雪合戦のシーンが盛り込まれているが、実写版で最も異なるのが、野獣が大きな雪の塊をベルの顔に豪快にぶつけるという、思わず笑ってしまうシーンだ。このときの撮影について、エマは「ものすごく巨大な雪の塊だったわ! 実はあのシーンを撮影するのは大変だったのよ。というのも、小道具のアシスタントが私に雪を投げるという仕事をあの日、担当したんだけど、私がいた場所がすごく高い位置だったから、私のところまで雪を飛ばすのがすごく難しかったの。私に当たるまでに13回くらいは投げなくてはいけなかったのよ」と、エマとスタッフが体の張ったシーンであることを激白。

一方、ダンは「このシーンは、関係が変化し、2人で楽しみ始めるようなシーンだからね。でも、野獣が大きすぎる雪の塊をベルの顔に投げて、少し楽しみ方を勘違いしてしまうんだけどね(笑)」と野獣の心境を代弁するように語る。

アニメーション版でも「美女と野獣」や「ひとりぼっちの晩餐会」に並ぶ人気曲である「愛の芽生え」。昆さん、山崎さんの歌声で生まれ変わった名曲をまずは、こちらから確かめてみて。

『美女と野獣』は4月21日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

美女と野獣をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ