「花燃ゆ」視聴率1ケタで「打ち切り説」 評論家「いっそ半年、幕末まででいいかも」

4月14日(火)19時6分 J-CASTニュース

主演・文役を演じる井上真央さん(09年10月撮影)

写真を拡大

   低迷にあえぐNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の視聴率がついに1ケタ台に落ち込んだ。第15話時点での10%割れは、大河史上最速という不名誉な記録まで作ってしまった。

   視聴者からの評判は「テンポが悪い」「観てる人は辛抱強い」と散々だ。夕刊紙やネットでは「打ち切りにした方がいい」という意見まで飛び出している。



不調の原因は「宣伝と内容のマッチングミス」?



   2015年4月12日放送の第15話「塾を守れ!」では、幕府要人の暗殺計画のため投獄された吉田寅次郎(伊勢谷友介さん)を妹・文(井上真央さん)が見舞う。しかし寅次郎は攘夷活動にのめり込み、家族との距離は広がっていく。過激化する松下村塾の塾生たちは今後どうなるのか・・・という展開だった。


   しかし視聴率はスタート以来最低の9.8%、なんと1ケタ台にまで落ち込んだ。この日は統一地方選の開票速報のため、通常より45分早い19時15分からのスタートだったことを考慮しても厳しい数字だ。第15話での10%割れは「平清盛」の第31話を大きく上回り、大河史上最速を更新してしまった。


   どうしてここまで苦戦しているのだろうか。ドラマ評論家の成馬零一さんは「宣伝と内容のマッチングミスがあった」と指摘する。番組は当初、イケメンぞろいで幕末の「ホームドラマ」「学園ドラマ」だと打ち出し、好調さが目立つ朝ドラの視聴者層を取り込もうとしていた。しかし最近は松陰率いる松下村塾の反体制的なテロリスト集団が中心のハードな内容になっており、当初のキャッチコピーとは大きなギャップがある。


「もともと大河の視聴者層は歴史や時代劇好きの中高年男性が中心だが、そこを当初の宣伝で切ってしまった。一方、主人公が井上真央さんなのに内容はラブコメ寄りの『幕末版花より男子』になってない」

   結局これまでの大河ファンと朝ドラ視聴者層のいずれを取るのか、どっちつかずになっているのだ。またストーリーの運びもうまくいっていないという。


「学園ドラマの舞台となる松下村塾のパートまで時間をかけ過ぎた一方、ようやくキャラが立ってきて、関係性が見えてきたと思ったら、そこもすぐ終わってしまった。展開の速さに付いていけず、脱落していく人も多いのではないか」


キャスティングでサプライズあるか



   そうした中で、夕刊紙やネットでは「打ち切り説」が唱えられている。東京スポーツは5%割れを予想し、夕刊フジは制作陣内部でも不穏な空気が流れているとし、「まさかの大河『打ち切り』ともまことしやかにささやかれています」といった芸能ライターの証言を取り上げた。ツイッターなどネットでは、


「はよ打ち切って来年の予算にまわせよ」

「真田丸に全力入れてくれ」

と早くも16年大河「真田丸」を期待する声まで上がっている。


   成馬さんは「これまでの例から聞いたことがないし、考えにくい」と否定しつつも、「いっそ半年で終わるのもいいかもしれない」と提案する。


「そもそも大河ドラマだといって、主人公が生まれてから死ぬまですべてをやらなくてもいいのではないか。明治編になって面白くなる気配はなく、個人的には面白いと思うし、コアなファンもついている幕末編までをしっかりやって終わるのも手だ」

   今後もし視聴率面で巻き返すとすれば、まだ明らかにされていないキャスティングでサプライズがあるかどうかだという。


(4月15日15時30分追記)記事中に誤りがありましたので、本文の一部を訂正いたしました。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

花燃ゆをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ