SMAP中居VS「イライラ」石原慎太郎 「トンチンカン」なのはどちらだ?と話題

4月14日(木)19時40分 J-CASTニュース

自分の不遇を重ね合わせた?(2012年撮影)

写真を拡大

作家で元東京都知事の石原慎太郎さん(83)が、バラエティ番組で質問したSMAP中居正広さん(43)について「トンチンカン」だったと毒づいて話題になっている。

石原さんは2016年1月、故・田中角栄元首相が一人称で人生を振り返る異色の小説『天才』を出版した。最近、角栄本が相次いで出版される中で注目を集め、45万部以上を売るベストセラーになっている。



石原氏「2回怒りそうになったよ」



中居さんの番組「金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)では、4月1日夜の放送で3時間もの特集を組んで、この小説のことを取り上げた。


石原さんは、番組に出演して中居さんから質問を受けたのだが、その内容が気に食わなかったらしい。デイリー・スポーツなどによると、東京都内で12日にあったイベントで、「訳の分からないことを言っていた。トンチンカン。2回怒りそうになったよ」と不満をぶつけた。


石原さんは、かつて金権政治を批判する反田中の急先鋒だった。しかし、小説では、田中元首相を「天才」と持ち上げており、イベントでも、「今の日本は全部田中角栄が作った。新幹線、各地の空港、高速道路...。それをロッキード事件で葬った日本はバカだ!」と息巻いたという。


中居さんは、そんな石原さんの思いを汲まない質問をしたので怒りを買ったのだろうか。


番組を見ると、石原さんは、スタジオに入るや、後ろに控えた赤い服の女性陣を見て、「これは、どういう人たちですか?」と渋い顔をした。「気持ち悪いね」と苦笑したが、その後は、中居さんから反田中だったのに小説を書いた理由などを聞かれ、淡々と答えていた。


ところが、中居さんが小説を読んだことを明かしたうえで、「田中角栄側に立って、書かれたわけですよね?」と質問すると、表情を一変させた。



「タレントを政治に絡ませるな」「いや石原氏の方がわからない」



「まっ、側っていうか、まあ一人称ですからねえ」

と不機嫌そうに顔を背ける。続いて、中居正広さんが「その当時から、そういうふうに感じられていたのか、それとも、長い間政治の世界で歩まれていた今の石原さんが感じられて、書かれたのか。どちらでしょう?」と聞くと、質問が終わらないうちにイラ立った。


「あなたの言うこと、よく分からねえな。何?」

さらに、石原慎太郎さんが、かつて選挙権を18歳まで下げるキャンペーンをしようとして田中元首相に反対されたことを明かし、中居さんが「先見性じゃないですが...」と話し出すと、「先見性じゃないね」と返した。むしろ田中元首相が正しく、今の若い世代は判断力に欠けるからというのが理由だった。


中居さんと石原さんでどちらがトンチンカンなのかと、ネット上では、ちょっとした盛り上がりを見せている。


「中居はゲストについて前もって調べてこないの?」「ジャニーズのタレントを政治に絡ませるな」などと中居さんに仕切らせたことに疑問の声が上がる一方、石原さんへの反発の声も多い。「石原氏の方がわからない」「痛いところをつかれたので逆ギレしたんだな」「だったら金スマ出なきゃいい」といった書き込みが相次いでいる。


ちなみに、石原さんは、番組の最後で、「この番組を作っていただいて、私は、角さんも浮かばれたと思いますよ」と感謝を示し、収録後にスタッフらに手を上げる「角さんポーズ」を作っていた。番組では、文壇で自分が不遇であることを盛んに嘆いていたことから、田中元首相と自分を重ね合わせていたのかもしれない。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石原慎太郎をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ