JR九州の新幹線「新800系」モチーフ「新幹線変形ロボ シンカリオン800つばめ」

4月14日(金)7時4分 J-CASTニュース

史上初・翼を持つ「シンカリオン」登場

写真を拡大

タカラトミーは、鉄道玩具「プラレール」から「新幹線変形ロボ シンカリオン800つばめ」を2017年4月20日に発売する。

手持ちのシンカリオンとの「リンク合体」が可能



「新幹線変形ロボ シンカリオン」はタカラトミー、ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクションの3社原案キャラクターコンテンツ。



「シンカリオン800つばめ」は、曲面状のヘッドライトや流線形の赤い帯などのデザインが特徴的なJR九州の新幹線車両「新800系」がモチーフ。先頭車と後尾車が連結・合体し人型ロボットに変形。新機能「ダブルウイングシステム」を完全再現し、背中に大型の「スワローウイング」、脚部に「サブウイング」を搭載する。



別売のシンカリオンE5はやぶさ、E6こまち、E7かがやき、H5はやぶさ、E3つばさ(2種)との上下換装「リンク合体」も可能で、手持ちのシンカリオンの飛行性能をパワーアップさせるといったイメージ遊びを楽しめる。



価格は4000円(税別)。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

鉄道をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ