英歌手、無許可で離日し公演中止 北朝鮮の情勢ニュースが怖かった?

4月14日(金)19時17分 J-CASTニュース

イアン氏の作品「Live at Liverpool Anglican Cathedral」(Pledge Music)

写真を拡大

2017年4月14日夜に東京・新宿で予定されていた英ミュージシャン、イアン・マッカロク氏のライブが開演直前に急きょ中止となった。

ライブを企画したレコード会社「VINYL JAPAN」の発表によれば、中止の理由は、アメリカと北朝鮮の武力衝突の可能性を伝えたニュースを受けて、イアン氏とマネージャーが無断で日本を離れてしまったためだという。



「米国と北朝鮮の間で武力衝突があるというニュースを受け」




「VINYL JAPAN」公式ツイッターアカウントは14日17時30分過ぎ、次のような発表文を投稿した。



「本日の公演に御来場いただく予定の皆様へ。 米国と北朝鮮の間で武力衝突があるというニュースを受け、Ianとマネージャーは無許可で日本から出国していることが判明いたしました。本日の公演はキャンセルせざるを得ない状況となってしまいました」(原文ママ)


イアン氏のライブは同日の19時30分から始まる予定だった。その約2時間前に急きょ発表された公演中止のツイートを受け、ファンからは、



「酷い。長年の憧れも冷めそう」

「日本ナメんなよ」

「マジですか??待ってた人はかわいそうすぎる・・・」


といった批判的な反応がネット上に相次いだ。なかには、両国の緊迫した情勢を踏まえたものか、「この行動が笑い話になるように、それを祈るしかない」との書き込みも見られた。



なお、公演が行われる予定だったライブハウスの担当者は14日18時過ぎのJ-CASTニュースの取材に対し、「中止の理由は、主催者側の発表の通りです」と説明。その上で、



「告知が直前だったこともあり、すでに会場の前には結構な数のお客様が並んでいました。主催者側は現在もお客様の対応に追われている状況です」


と話していた。



イアン氏は英リヴァプール出身のミュージシャン。サイケな音楽性で知られるポストパンクバンド「エコー&ザ・バニーメン」のボーカリストとして知られる。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

無許可をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ