桐谷美玲へ「世界中のブスに謝れ」 フジ「人は見た目」主演に違和感

4月14日(金)15時36分 J-CASTニュース

地味な恰好でも美しさ隠し切れず…(写真は2014年12月撮影)

写真を拡大

2017年4月13日、第1話が放送されたフジテレビの連続ドラマ「人は見た目が100%」に納得がいかない視聴者が相次いだ。

同ドラマは地味な女性たちがあることをきっかけに、女性らしさを磨くというストーリーだが、主演を務める女優・桐谷美玲さん(27)が「美しすぎて」、ドラマでの役どころに「全く共感できない」という声が続出しているのだ。



「世界の美しい顔」に4回ランクインした美貌



同番組は、大久保ヒロミさん作の同タイトルコミックをドラマ化したもの。これまで研究に没頭し、おしゃれに興味がなかった「理系女子(リケジョ)」の3人が仕事での転機をきっかけに、自分は「女子」ではなく「女子モドキ」なのでは? という疑問を抱き、ファッションやメークなど「美の特別研究」に奮闘する姿をコメディタッチで描く。



メインキャストを務めるのは、桐谷さん、女優・水川あさみさん(33)に加え、ブレイク中のお笑い芸人・ブルゾンちえみさんの3人(26)。番組はブルゾンさんが初めてドラマに出演することで放送前から注目を集めていた。だが、放送がスタートすると、視聴者の間にはある違和感が広がった。その違和感が、桐谷さんの美しさと演じる役のギャップだった。



桐谷さんが演じるのは製紙会社に勤める地味な女性、城ノ内純。「自分に自信がない」「男性にモテたことがない」「メークやおしゃれもほとんどしない」「自分の容姿を褒められたことがない」など、ないないづくしの人生を送ってきたという設定だ。



桐谷美玲が「女子もどき」なら、私は「がんもどき」?



しかし、その城ノ内を演じる桐谷さんは、高校1年生のときにスカウトされ芸能界デビュー。その後は、人気ファッション雑誌「セブンティーン」や「non−no」の専属モデルを務め、女優としても数々の映画・ドラマに出演。近年では、報道番組「NEWS ZERO」(日テレ系)でキャスターとしても活躍している。さらに、アメリカの映画サイト「TC Candler」が毎年発表する「世界で最も美しい顔 100人」に、これまでに4回ランクインしているという輝かしい経歴と美貌の持ち主だ。



第1話で城ノ内役の桐谷さんは、眼鏡を掛け、作業服やグレーやブラウン、ネイビーといった落ち着いたトーンの服に身を包んだ。普段の華やかな桐谷さんと比べるとかなり地味な印象を受けるが、それでも桐谷さんの美貌は隠し切れなかったようだ。



ツイッターには視聴者から、



「桐谷美玲が『見た目悪いから自信ない』なんて全く感情移入できないし世界中のブスに謝れって気持ちになりますね」

「桐谷美玲ちゃんは地味でも美しさが隠し切れないので、卑屈になられるとこっちが辛い」

「こんな美人が女子もどきってなんなの? じゃあ私はがんもどき??」


といった声が相次いで寄せられる事態となった。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

桐谷美玲をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ