格闘ゲーマーにとって「光は遅すぎる」 「60分の1秒」単位で競うスゴい世界

4月14日(金)22時0分 J-CASTニュース

(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

写真を拡大

1秒にすら満たない瞬間的なボタン操作が勝敗を決する「対戦格闘ゲーム」。熟練のプレーヤーになれば、「1フレーム」(60分の1秒)という単位でゲームの戦術を練るのが一般的だ。

そんな格闘ゲームの世界ならではの「名言」がツイッターに登場し、いまネット上で注目を集めている。それは、遠距離でのネット通信対戦における「遅延」を計算したユーザーが呟いた、「光が遅すぎる」という一言だ。



「光って思ってたより遅いんだ」



光の速さは毎秒約30万キロメートル。1秒間で地球(円周約4万キロ)を7周半回ることができる計算になる。これでも、格闘ゲームの熱心なプレーヤーにとっては「遅すぎる」と感じてしまうのか。



「光が遅すぎる」との名言がネット上で注目を集めたのは2017年4月8日のこと。あるツイッターユーザーが「格ゲーマーの業が深すぎる」として、



「『回線が遅い』とかじゃなくて、『光が遅すぎる』という結論に至った」


と呟いたのだ。



この投稿者は続けて、日本からブラジルまでの距離(地球半周分)を光が移動するのにかかる時間は、格闘ゲームでいえば「3フレーム」以上にも及ぶと指摘。この「3フレーム」はつまり、20分の1秒のことだ。



もちろん、現実的なゲームデータのやりとりのスピードは、「光速」よりも遅れが出てしまう。それに、日常的に日本とブラジル間でデータのやりとりをする訳でもない。それでも、この言葉は熱心な格闘ゲーマーに大きな衝撃を与えたようだ。この投稿者の「名言」を受け、ツイッターやネット掲示板には、



「光って思ってたより遅いんだな...」

「3フレームも常態的に遅れたら、ゲーム性変わるし場合によっては途端にクソゲーになる」

「『光が遅すぎる』って字面は笑うけど、真面目に考えて確かにその通りなの困る」


といった反応が続出。さらには、陸上男子400メートル障害で日本記録を持つ為末大さん(38)も4月11日のツイートで、この話題に触れて「すごい世界」と驚いていた。



有名ゲーマー「フレーム単位の攻防はある」



実際のところ、「3フレーム」という遅れは、格闘ゲーマーにとってどれほど大きいものなのか。



多くの格闘ゲーム大会に出場し好成績を残している有名ゲーマーのササさんは4月13日のJ-CASTニュースの取材に対し、



「格ゲーのフレーム単位の攻防はあります。私も含めた上級者たちはその知識をもとに戦っています」


と回答。「3フレーム」の遅延がゲームに与える影響については、



「ゲームによりますが、1〜3フレームの遅延は、上級者にとっては大きなゲーム性の違いにつながります」


と指摘した。



ササさんによれば、遅延が生じる場合、相手キャラクターが繰り出す技への対応ができなくなるなどの影響が出るため、「戦い方が変わってくる」という。その上で、遅延による影響はゲーム中の至る所で起きるとして、



「遅延は格闘ゲームにおいては大敵です」


とも指摘していた。



格闘ゲームの開発で知られるあるゲームメーカーの関係者も、J-CASTニュースの取材に対し、フレーム単位の遅延は、ゲーム性を変えてしまうと認識しており、プレーヤーがフレーム単位で操作することを想定して格闘ゲームを開発していると説明した。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ゲーマーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ