ゲームで「有色人種の生徒を競売ごっこ」…生徒を懲戒処分

4月14日(水)15時42分 女性自身

米テキサス州アレド独立学区の9年生(高校1年生)の生徒がsnapchatに投稿したスマートフォンのキャプチャ画面が広く拡散されている。


NBC Newsによると、この生徒はオンラインで奴隷売買ゲームを主催し、有色人種のクラスメイトを競売にかける遊びをしていたという。その際、グループチャットでは人種差別的な言葉が多用され、「クリスに1ドル」「髪型がマシならもっとよかったのに」といった悪ふざけの域を超えたやり取りが行われていた。チャットの部屋名にはアフリカ系アメリカ人に対する侮蔑的な呼び名を冠し、「[差別用語]Farm(牧場)」「[差別用語]Auction(オークション)」などと付けられていた。ABC系列のWFAAは、このチャット部屋名には黒人と銃、白人警官の絵文字も織り込まれていたと報じている。


アレド独立学区は12日にメールで保護者向けに声明を出し、Daniel 9th Grade Campusの生徒たちが少なくとも2週間前から人種的な嫌がらせやネットいじめを行っていたと公表。「我々の方針と、学生の行動規範に基づき懲戒処分を下しました。現在、公的な法執行機関も巻き込み、迅速かつ徹底的な調査を行っております」と報告した。

女性自身

「ゲーム」をもっと詳しく

「ゲーム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ