『獄中花』コ・ス「アクションから乗馬まで、作品のために練習に励んだ」

4月14日(木)13時21分 KEJNEWS

【6日=KEJ金善花】ドラマ『獄中花』で主演を務めるコ・スが作品への思いを語った。

4月末に放送される今作で、朝鮮時代のミステリアスな人物ユン・テウォン役を務め忙しい日々を送るコ・スは初共演するイ・ビョンホン監督への信頼を示した。

「イ監督と作品をしてみたかった。監督だったから出演を決めた」と明かした。さらにイ監督とした台本読み合わせについて「あのような読み合わせは初めてだった。イ監督の台本読み合わせをしたあとに、自分を振り返ることができた。役者1人ひとりに助言をしてくださり、細かくディレクティングしてくれることに驚いた。監督が作るドラマがなぜ面白いのか分かった気がした」と絶賛した。

コ・スは初のドラマ史劇ということで準備を念入りにしているという。「劇中、テウォンという人物がアクションをするので、アクション、乗馬の練習を熱心にしている。撮影に支障が生じるので負傷しないように注意を払っている」とした。

そしてドラマのポイントについて「この作品は時代劇で初めて獄中の人物をテーマにしている。さらにチョン・ウチ、ファン・ジニなどの有名な人物が登場するので見所がたっぷりある」とした。(写真=キム・ジョンハクプロダクション)

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

イ・ビョンホンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ