『獄中花』チン・セヨン「コ・ス、どんな演技も受け止めてくれる先輩」

4月14日(木)13時31分 KEJNEWS

【5日=KEJ金善花】 MBCドラマ『獄中花』で監獄で生まれた天才少女オクニョを演じるチン・セヨンのインタビューが公開された。

本作は、獄中で生まれた天才少女オクニョと朝鮮上層部のミステリアスなユン・テウォンが繰り広げる史劇。

インタビューのためにポスターの撮影をしている彼女を訪ねると、優雅な韓服で登場した。まず出演理由について「選んだというより、しなくてはと思った。私にとってものすごく良いチャンスだった」とイ・ビョンホン監督とチェ・ワンギュ作家のタッグほか豪華出演人との共演に喜びを隠せない様子。

イ監督について、「台本読み合わせのときに本当に驚いた。監督はセリフが1行だけの役割にもしっかりキャラクターを作り上げる。だからすべてのキャラクターが生きて、魅力的な作品になる。監督のすごさが分かった」と伝えた。

また相手役のコ・スについては「先輩とのセリフの掛け合いでは、わたしがどんな演技をしても受け止めてくださるのですごく頼もしい」と相性の高さを予告。「台本読み合わせのときからイ監督に演技指導を受け、剣術、乗馬も学んでいる」とも明かした。

さらに「監督は私を信じてくださり、激励もたくさんしてくれる。その期待にこたえる方法は一生懸命演技することしかないと思う。作品を終えて、成功したという話を聞くことよりも視聴者にとって「チン・セヨンが努力したんだな」と思ってもらえれば嬉しい。それを目標に頑張っている」と話した。

なおドラマ『獄中花』は4月に放送スタート予定。(写真=キム・ジョンハクプロダクション)

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

まれをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ