注目ワードカーリング・女子 出川哲朗・上島竜兵 フィギュアスケート・宮原 藤井聡太・将棋 厚労省・データ 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

危機に置かれたトークショー、リアリティが必要なとき

Kstyle4月14日(日)10時54分

SBSバラエティ番組「ヒーリングキャンプ」は、俳優ソル・ギョング編を放送した2週間、天国と地獄を行き来した。彼の離婚と再婚の過程で発生した噂によりネットユーザーたちが極端な反感を表し、放送前に視聴拒否運動をはじめ、番組掲示板には彼の同番組出演を反対する感情を表す記事を数千件も掲載されるなど、騒ぎになったためだ。



しかし、当事者が直接その噂に対して「事実ではない」と解明する場面が放送されてからは、ネットユーザーたちの反応にも変化が起きた。「結果的に練り上げられた」噂で、間違った部分が多いという解明と、それにより当事者が経験した極端な気苦労の実体が赤裸々に露呈した瞬間、手堅く見えた烙印に亀裂が入ったからだ。依然として反感を示すネットユーザーの反応もあるが、ある人には違うように考えさせる余地が、「ヒーリングキャンプ」を通じて起こったわけだ。



ソル・ギョングの「ヒーリングキャンプ」への出演は、ただひたすらこの噂を解明するためだった。作品をPRするためにトークショーに出演する他の俳優とは違って、彼は心を決めたように噂について事実ではないと積極的にアピールし、目的があった彼の出演はそれだけで実直さを保証する。そして、自分を諦めた放送には、少数であっても視聴者が反応する。トークショー危機論が衰えない今のような状況で、このような例は良い手本となる。視聴率を確保できないならば、ある意味で実直性に満ちた放送だという評価を得なければならない。その秘訣は、他でもないトークショーに出演するスターの誠実さだ。このような姿は、なくてもいいしあったらなおさらいいという選択肢ではなく、基本的で当たり前のことなのだ。



トークショーを演出するある制作陣は、最近OSENとの取材で「出演者がどのような悩みを抱えて番組に出演するかによって勝敗が左右される時代だ。制作陣の立場からは、反応が良くなかった放送に対してその理由を色々考えるようになるが、分析してみると結局、出演者の悩みが本物ではない場合が多かった。外見の飾りにすぎない悩みは、今や視聴者からそっぽを向かれる時代になった。出演者がそのような悩みを持ち込む場合は、説得するようになる」と打ち明けた。



本物の悩みを持ち込み良い反応を受けたケースとしては、SBSの旅行バラエティ「サンキュー」にアナウンサーのオ・サンジンが出演した時も挙げられる。MBCを退社しフリーのアナウンサーとして現場に出向いた彼は、昨年170日間の労働組合のデモを経験しながら予期せぬ噂を立てられ、またその過程で1年3ヶ月間放送活動ができなかった時に感じた心的な苦労を打ち明けた。特にMBCという巨大組織から離れエージェンシーを担当する会社一つを信じてフィールドに出た不安を、登山家オム・ホンギル、俳優チャ・インピョ、歌手ウン・ジウォンに積極的かつ率直に相談する姿で、本人だけでなく視聴者にも癒しの放送を披露したという評価を得た。



結局、視聴者の胸を打つのは様々な経験を通じて多数の人が知っている芸能人が置かれた状況についての正直な告白と、そこから発する悩みを勇気を持って打ち明けるかどうかだ。蓋をして実体を隠したり、自分の有利な方向へと遠回りしたら元も子もなくなる。目をつぶって皆が知っている事実を知らないふりをしたら、非難の嵐にあうだろう。そして、そうならないためには、芸能人自らが自分のポジションをしっかり把握する現実的な姿勢を持たなければならない。



出演する芸能人にだけ本物の悩みが求められるわけではない。制作陣もやはり、視聴者から信頼してもらうためには、肩を持ったり、イメージ回復のための放送にならないように、センシティブな問題に対して真実に集中する淡白さが必要だ。過剰なテロップや感性的なBGMなどはかえって出演者にとっては毒となることもあるということを忘れてはならない。長期間苦労して出演させたという苦労話から脱し、出演した芸能人の本当の姿を視聴者が見られるように、違う方面で努力するのが制作陣の役割だ。
NHN Japan Corp. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Kstyle
注目ニュース
出川哲朗 年収1億円も妻に服従…誕生日も帰りに買い物奔走 女性自身2月24日(土)6時0分
「どんな仕事でも断らないことで有名な出川さんですが、各局が4月以降のバラエティ番組にレギュラーで起用しようとしていて、奪い合いになっていま…[ 記事全文 ]
藤井六段 昇段初戦飾り12連勝、“もぐもぐタイム”はチョコ スポーツニッポン2月24日(土)7時8分
将棋の中学生棋士、藤井聡太六段(15)が23日、大阪市内の関西将棋会館で行われた畠山鎮七段(48)との王座戦2次予選を96手で制し、17日…[ 記事全文 ]
大杉漣さんの訃報で、フジテレビが長男に頼み込んだ「酷な要求」 週刊女性PRIME2月23日(金)18時0分
今月21日未明に、心不全のため66歳で急死した俳優の大杉漣さん。「第一報が通信社から流れたときは、思わず“嘘だぁ”って声がスタッフルームに…[ 記事全文 ]
大杉漣さん妻の覚悟「大杉にしばしのさようならを」 日刊スポーツ2月23日(金)16時22分
21日に急死した大杉漣さん(享年66)の妻で所属事務所社長の大杉弘美さんが23日、公式ホームページにコメントを掲載した。弘美さんは、大杉さ…[ 記事全文 ]
マツコ、初対面の吉永小百合にときめき「忘れかけていた男の部分が…」 オリコン2月24日(土)4時0分
女優の吉永小百合が6日に放送されるTBS系バラエティー番組『マツコの知らない世界』(毎週火曜後8:57)に出演し、マツコ・デラックスと初共…[ 記事全文 ]

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア