女子大生たちがパンチラ&胸チラ連発! 童貞男子に贈る深夜のお色気ドラマが刺激的

4月14日(火)18時0分 メンズサイゾー

 連続ドラマ『LOVE理論』(テレビ東京系)が13日深夜にスタートした。同ドラマは、シリーズ累計200万部以上を売り上げた書籍『夢をかなえるゾウ』(飛鳥新社)で知られる水野敬也氏による同名恋愛マニュアル本を原作としたもの。俳優の大野拓朗(26)が"とにかく女にモテたい"と願う主人公に扮し、歌舞伎役者の片岡愛之助(43)演じる恋愛マスターの手ほどきを受けながら、モテテクニックについて学ぶという内容だ。


 原作では、男女のさまざまなシチュエーションにおける"モテ理論"が展開されるが、新ドラマの舞台となっているのはキャバクラ。モテることだけを夢見て茨城から上京した大学生(大野)が、新歓コンパで出会った清純派美少女に一目惚れするところから物語はスタートする。しかし童貞臭丸出しの大野は何もできず。一念発起し女の子の口説き方を学ぶため、芸能人顔負けのキャストがそろっているとウワサのキャバクラで店員として働き始めることに。


 大野が心を奪われた美少女に起用されているのは、昨年公開された園子温監督の映画『TOKYO TRIBE』でキレキレの華麗なアクションとフルヌードを披露して大きな話題を集めた若手女優の清野菜名(せいの・なな/20)。今回のドラマでキャバクラでバイトをする女子大生を演じる彼女は、初回放送時から谷間をあらわにした大胆なドレス姿で登場した。


 ヒロインの清野のほかにも劇中には大野の童貞心をかき乱すセクシーショットが満載。上京したての大野が参加した合コンでは、遊び慣れた女子大生たちがウブな男子をもてあそぶかのように互いのおっぱいを揉み合い、誘うような微笑みを浮かべながらパンチラを連発する。出演者の中には大人気AV女優の紗倉まな(22)もおり、名うての"チェリーハンター"として色っぽい生脱ぎシーンを披露した。


 しかし清野のことが忘れられない大野は、数々の女子に誘惑されながらも、一線を踏み越えることはできない。そんな大野の一途な思いを知ったキャバクラの店長である片岡が、究極の恋愛テクニックを伝授する。


 初回の放送で片岡が披露したのは"暴露返し理論"というもの。清野に恋心を抱きながら、なかなか話すことすらできない大野に対して「自分の暴露話をすることで、相手も思わず秘密を暴露し、心を開き始めるのだ」とアドバイスを与える。まともに目を見ることもできない状態でも、自らの心を開くことによって相手もそれに応じてくれるというわけだ。ドラマでは、大野が勇気を振り絞ってLOVE理論を実践した後に清野が悩みを打ち明けるといったシーンが展開された。


「新ドラマとしてスタートした『LOVE理論』ですが、昨年にもテレビ東京によってドラマ化されています。このときに主演を務めたのは個性派俳優として知られる浜野謙太さん(33)で、恋愛マスターには歌舞伎役者の中村獅童さん(42)が起用されています。このときの舞台はコンビニで、今回のようなお色気シーンはほとんどありませんでしたね。原作を元にした恋愛ハウツーがふんだんに盛り込まれた一話完結のスタイルをとっており、バラエティの雰囲気が強かった。


 新作でも制作を担当しているのは同じテレ東のバラエティ班のようですから、連続ドラマとはいえ、かなりお笑いの要素が強くなるのではないでしょうか。テレ東といえば、深夜バラエティ『ゴッドタン』での人気企画『キス我慢選手権』を映画化してヒットさせた実績もありますし、お笑いとドラマの融合は得意分野。もちろん"エロ"というジャンルもお家芸といえますからね」(芸能ライター)


 童貞男子の夢を独自のLOVE理論で応援する同ドラマ。作中に散りばめられたセクシーショットも刺激的で、ウブな男子にとってはたまらない内容となっていることだろう。バラエティとしても楽しめるとなれば、さらに注目を集めることになりそうだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドラマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ