板野友美、あの爆乳が“消えた“と話題に...豊胸疑惑の次は貧乳騒動!?

4月14日(火)10時0分 メンズサイゾー

 元AKB48の板野友美(23)の胸が話題になっている。といっても、これまでネット上を騒がせた"巨乳化"ではない。その逆で「胸が縮んでしまった!?」と注目を集めているのだ。


 小さくなったとネットユーザーたちが指摘したのは、11日に板野が自身のTwitter上に投稿した画像。この日板野は、中国最大の音楽授賞式のひとつである『YINYUE V-Chart Awards』というイベントに出席しており、その際に披露したドレス姿がネット上に広まると、「胸が小さくなった」という声が寄せられることに。


 中華圏のトップスターと韓流スターらが参加する音楽イベントに参加した板野は、鮮やかなシャンパンピンクのドレスに身を包んでレッドカーペットに登場。中国最大の音楽サイト・yinyuetaiが主催するこのイベント自体が日本でさほど話題となっていないためメディアではなかなか伝えられていないが、今回彼女は日本地区の話題賞を受賞しており、「素敵な賞をありがとうございます」と喜びのコメントをしている。


 そして、その板野の姿はいかにもスレンダーで、かつて豊胸疑惑が取りざたされたころとはまるで別人。胸の谷間を強調するかのようにあしらわれたアクセサリーも、かえって小さな胸を際立たせているかのよう。そんな板野の姿にネットユーザーたちから「あの爆乳はどこへ消えた?」「急に小さくなることもあるんだな」「貧乳がマイブームなのか?」などのコメントが上がったのだった。


「昨年の夏に放送された深夜バラエティ『板野パイセンっ!!』(TBS系)で見せたカラダにピッタリと密着したノースリーブ姿に、視聴者から『おっぱいが大きすぎる』『Gカップはあるな』といった声が寄せられたことをきっかけに、板野さんへの豊胸疑惑は噴出しました。それまでの板野さんといえば、AKB時代から巨乳が話題になることはなく、ファンの間では『78センチのBカップ』というのが定説でしたから、その数字を突如として裏切るかのような爆乳ぶりに多くの視聴者も驚いたのでしょう。


 さらに世間をざわつかせたのが、昨年秋にリリースされたAKB48の新曲『希望的リフレイン』(キングレコード)のミュージックビデオです。このMVには同グループの卒業生である前田敦子さん(23)や大島優子さん(26)が登場して、全力疾走するというシーンがあるのですが、その際の板野さんの胸元が『デカすぎる』と話題に。まるで大きなスイカを無理やりくっつけて走っているようだとの声も出るほどで、この映像のインパクトによって多くのファンに彼女の巨乳化は公然のものになりました。そうした印象がありながら、今回のイベントで披露した胸はかなり小ぶりだったため、逆の意味で話題を集めることになっている」(芸能ライター)


 かねてから整形疑惑が根強くささやかれている板野だけあって、あまりにも突然大きく成長したかのようなおっぱいには、一部から「豊胸手術をしたのでは」との声も上がった。


「豊胸手術は、術後の定期的なメンテナンスが必要とされ、そのため簡単に手を出せるものではありません。研究段階とはいえ、乳がんになるリスクが高まるとの指摘もあり、多くの医師もあまり積極的にススメないものです。まして板野さんほどの知名度のあるタレントが豊胸をするとなれば、相当の覚悟が必要になるでしょう。それでも施術したのであれば、最近の主流であるヒアルロン酸を直接胸に吸入した可能性が高いと思います。この方法では、常に注射をし続けなければ大きさを保つことができませんからね。いっとき巨乳化したのも、そのためだったと説明できそうです」(美容ライター)


 豊胸手術を受けたかはどうかはさておき、今後板野の胸が大きくならなければ、2014年の夏から2015年の春までは「板野友美・伝説の巨乳時代」として語り継がれることになるかもしれない。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

板野友美をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ