NMB48・渡辺美優紀の「引退報道」にファン動揺...卒業後の行き場を失った?

4月14日(木)19時0分 メンズサイゾー

 NMB48の「みるきー」こと渡辺美優紀(22)が、13日に大阪・NMB48劇場で行われた公演でグループからの卒業を発表した。卒業をにおわす発言をしていたとはいえ、ファンにとっては大きなショック。ネット上では卒業を惜しむ声が飛び交ったが、一部スポーツ紙が「引退」を報じたことでさらなる衝撃が走っている。


 今年3月にトークライブアプリ「755」で卒業を示唆する言葉を書き込み、その後に日刊スポーツで「卒業意向」とも報じられていた。正式発表がいつになるか注目されていたが、そのタイミングは突然。公演のラストに卒業を発表した渡辺は「NMBに入る時よりも卒業することを決めることの方が本当に大決心でした。5年半、このステージに立たせてくださった皆さん、本当にありがとうございました」と涙ぐみながら思いを吐露した。


 続けて登場した盟友の山本彩(22)に「友達のような関係ではなかったけど、今までの人生で一番、運命の人だと感じていた」と気持ちを告白。さらに「誰よりも素直になれなかったけど、私が一番、誰よりもすごい人だとわかってるし、本当に尊敬しています。ずっと伝えられなかったけど、この場をお借りしたら言える気がしたので言いました」と感謝を伝えた。


 だが、卒業後の進路については明言せず。一部報道では「この先、何がやりたいのか、本人にも見えていないのではないか」と関係者が指摘しており、不安定な状況があらわになった。


 そんな中、14日付のスポーツニッポンが「みるきー引退へ」と報道。記事によると、渡辺は「違う世界を見てみたい」と周囲の親しい人に話しており、芸能界を引退する方向で考えているという。


 NMB48は「KYORAKU吉本.ホールディングス」が運営しており、有力な卒業メンバーは吉本興業の系列事務所に移籍するのが通例。渡辺ほどの人気と知名度があれば、吉本所属で芸能活動を継続するのは間違いないとみられていた。


 急転直下の引退報道が飛び出したことで、ネット上では「引退が本当なら悲しすぎる」「みるきー辞めないで!」「まだ早すぎるでしょ」などとファンが激しく動揺する事態が起きている。あまりの急展開に「結婚するのかな...?」「もしかして妊娠?」といった憶測まで噴出しているほどだ。


「かつては山本とダブルエースとして活躍していましたが、2014年に人気モデルの藤田富(24)とのお泊り愛が発覚したことをきっかけにファン離れが発生。それ以前にもファンとの私的交流が問題視されたことがあり、二度目のスキャンダルということで運営サイドからの扱いが悪くなった。NMBは山本のワントップ体制に移行し、その人気や待遇の格差に渡辺はヤル気を失って、最近は握手会や写メ会でも遅刻・早退を連発していました。このモチベーション低下に本人が耐え切れなくなったのでしょう」(アイドルライター)


 しかし、いくら山本との格差が開いたといってもソロになれば仕切り直しできる。引退まで考える必要はなさそうに思えるが...。


「運営に推されていた渡辺は、テングになってしまったのかスタッフへの態度が悪く、吉本のスタッフから不満が漏れていた。さらに卒業時期をめぐって運営サイドと揉めていたとされ、ネットに書き込んだ卒業をにおわす発言は事務所に無断のフライングだったといわれています。


 本来ならAKBグループが懇意にしている日刊スポーツのスクープにするか、大きな公演でサプライズ発表するはずだったようですが、それが台無しになってしまった。ほとんどケンカ別れのような状態になってしまい、これでは吉本にすんなり入るというわけにはいかない。かといって吉本お手付きのタレントに他の事務所が手を出すわけにもいかず、行き場を失ってしまったようです」(前同)


 藤田との一件がなければ今でも山本と並んでNMB48の看板だったはずだが、たった一度のスキャンダルでこんなにも人生の歯車が狂ってしまうとは...。しかし、渡辺の小悪魔的なルックスや極上のボディは男性ファンからの評価が高く、需要が失われてしまったわけではない。表舞台から去るにはもったいなさすぎる逸材だが...。

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

卒業をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ