内田伽羅、祖母・樹木希林との初共演 父・本木雅弘から労いの言葉も 映画「あん」完成披露試写会2

4月14日(火)18時34分 MAiDiGiTV


 俳優の本木雅弘さんの長女で女優の内田伽羅(きゃら)さんが4月6日、東京都内で行われた映画「あん」(河瀬直美監督)の完成披露試写会に祖母の樹木希林さんらと登場した。樹木さんとの本格的な共演は今作が初となる内田さんは「仕事をしている祖母の姿を見るのは初めてでしたが、あまりにもいつもと変わらず率直で、祖母らしいと思いました」と明かし、続けて「家族としてよく知っているので、目の前でお芝居するのが少し恥ずかしかったです」と“初共演”の感想を笑顔で語った。

 樹木さんは「とにかくあんまり親しくならないように。お昼のときも親しくならないように、そばには行かない。“共演”という感じはしませんでした」と撮影中のエピソードをからめて初共演の感想を語った。また、樹木さんからのアドバイスについて、内田さんは「具体的なアドバイスはなかったんですが、台本で読めない漢字があればそこだけ教えてもらいました」と明かした。内田さんは、樹木さん演じる徳江が働くどら焼き屋の常連客という役で出演している。

 また、父・本木さんから「すごく頑張ったね、って。自然にお芝居ができてとてもよかったと言われました」と労いの言葉を掛けられたことも明かした。続けて樹木さんが「でも一番頑張ったシーンがね、まるまるカットだったからね」と突っ込みを入れ、会場を沸かせる場面もあった。

 試写会には内田さん、樹木さん、永瀬正敏さん、河瀬監督、原作者のドリアン助川さんが出席。内田さんは共演した永瀬さんについて「素人の私を辛抱強く優しく見守ってくださって、すごくありがたかったです」と感謝の言葉を述べた。永瀬さんは「みなさんびっくりされると思う。最初のころとラストのころで顔がぜんぜん違う。今後すごい楽しみだと思いますね」と内田さんへの期待感を示した。

 映画は、ドリアン助川さんの小説が原作。犯罪歴がある千太郎が店主のどら焼き屋「どら春」で働くことになった元ハンセン病患者の徳江。徳江が作る粒あんが好評で繁盛していくが、ハンセン病患者と分かり、「どら春」を追いやられる……というストーリー。映画は5月30日に公開。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

樹木希林をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ