BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

3作3様、国境地帯にスポット当てた作品目立つ

日刊スポーツ4月14日(金)9時29分
画像:「ノー・エスケープ」の1場面 (C)2016 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.
写真を拡大
「ノー・エスケープ」の1場面 (C)2016 STX Financing, LLC. All Rights Reserved.

 最近はシリアや北朝鮮に矛先を向けているトランプ政権だが、米国民にとっては身近なメキシコの方が喫緊の課題なのだろう。国境地帯にスポットを当てた作品が目につくようになった。
 「ゼロ・グラビティ」(13年)のアルフォンソ・キュアロン監督が総指揮、「ゼロ−」で脚本を担当した長男のホナス氏が監督した「ノー・エスケープ」(5月5日公開)はその典型だ。
 見渡す限り荒涼とした砂地の中で米国国境を目指す中型トラック。幌の中には不法入国を目指す15人のメキシコ人が乗っている。トラックが故障し、15人は「越境業者」の案内で歩いて国境を越えることになる。米=メキシコ国境は3152キロに渡り、このような砂漠地域では形ばかりの有刺鉄線が張られているだけだ。
 難なく米側に入った一行は、突然見えないスナイパーの手によって1人また1人と倒されていく。不法移民に独り怒りを募らせる「民間人」のスナイパーは調教された猟犬をパートナーに移民たちを追い立て、腕もいい。どうやら軍歴があるようだ。
 ゆるい国境警備やこの男のような自警団的存在は、7年の準備期間にこの地域で体験談を集めたホナス監督自身の取材に基づくものだという。男の日常生活もさりげなく描写される。移民を憎悪する理由はあるに違いない。だが、笑うでもなく、目に狂気を宿すでもなく、淡々と職務をこなすように引き金を引く姿が恐ろしい。「赤いドレスの女」(81年)でデビューしたジェフリー・ディーン・モーガンが好演している。
 米国に残した1人息子との再会を楽しみにする男性、親の希望で「安全な米国」に脱出しようという若い女性…メキシコ人たちの背景もしだいに明らかにされ、息苦しい逃走劇では否応なく移民側に感情移入させられる。移民のリーダー的存在としてメキシコの若手スター、ガエル・ガルシア・ベルナルが決死の形相を見せる。
 ホナス監督は作品資料の中で、影響を受けた作品にスピルバーグの「激突」(71年)やコンチャロフスキーの「暴走機関車」(85年)を挙げている。限定的な状況や空間での息詰まる恐怖と対決。生々しい現実を下敷きにしているので、軽々に語るわけにはいかないが、自然が造り上げた砂漠や岩山の迷路のような空間でのやりとりは、確かに重なるものがある。
 ライフルの名手と武器を持たない移民たちとの対決を可能にするからくりのような地形がこの映画のミソである。設定に相応しい地形を目指し、米南部各州やメキシコはもちろん、スペイン、モロッコまで、ロケハンだけで2年半を費やしたという。
 余分な要素はすべて削り取るが、残された細部には徹底的にこだわる。宇宙空間からの帰還という題材をシンプルに際立たせた「ゼロ・グラビティ」に連なる手法だ。
 舞台となった黄褐色の大地は血、汗、さらにはじわっと人情を際立たせ、おまけにこちらは手に汗を握る。説明が少ない分だけ、想像させられ、考えさせられる。キュアロン親子はそろって「余白」の使い方がうまい。
 6月10日公開の「ある決闘−セントヘレナの掟−」は19世紀にさかのぼった国境地帯が舞台だ。互いの左手を布でつなぎ合わせ、右手に持ったナイフで死ぬまで戦う「ヘレナ流決闘」が物語の軸に据えられているが、メキシコ人への差別にカルト的宗教も絡ませて骨太な作品に仕上がっている。
 今に至る米国=メキシコ間の微妙な意識や国境のそもそもの成り立ちについても教えてくれる作品だ。出演はリアム・ヘムズワースとウディ・ハレルソンの個性派対決となっている。
 一方、SFでも「国境」が大きな要素になった作品がある。
 「Xメン」シリーズの最新作として6月1日に公開される「ローガン」だ。独特の世界観を突き詰めた上に現代の高齢化社会も映して見応えがある。近未来の米国ではヒュー・ジャックマンふんするミュータントたちが米国内で徹底的に追い詰められ、目指すは「国境」というわけだ。
 3作3様のスポットの当て方だが、どの作品でも問題は国境の外より内にある。トランプ大統領にとっては面白くないかもしれない。【相原斎】

はてなブックマークに保存

日刊スポーツ

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「3作3様、国境地帯にスポット当てた作品目立つ」の関連ニュース

注目ニュース
大杉漣さんの訃報で、フジテレビが長男に頼み込んだ「酷な要求」 週刊女性PRIME2月23日(金)18時0分
今月21日未明に、心不全のため66歳で急死した俳優の大杉漣さん。「第一報が通信社から流れたときは、思わず“嘘だぁ”って声がスタッフルームに…[ 記事全文 ]
水曜日のダウンタウン「八百長企画」にパクリ疑惑 まいじつ2月22日(木)15時31分
(C)まいじつ2月21日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、またもや“パクり疑惑”が浮上している。番組では八百長を持ちかけ…[ 記事全文 ]
「もうヤメて!」浜崎あゆみの露骨“匂わせ投稿”にファンが悲鳴 アサ芸プラス2月22日(木)9時59分
2月18日、浜崎あゆみがツイッターに投稿した“つぶやき”が失笑をかっている。エンタメ誌ライターが解説する。「ツイッターの写真は、お団子ヘア…[ 記事全文 ]
大杉漣さん妻の覚悟「大杉にしばしのさようならを」 日刊スポーツ2月23日(金)16時22分
21日に急死した大杉漣さん(享年66)の妻で所属事務所社長の大杉弘美さんが23日、公式ホームページにコメントを掲載した。弘美さんは、大杉さ…[ 記事全文 ]
小学館『コロコロ』漫画の不適切表現を謝罪 チンギス・ハーン肖像に“落書き” オリコン2月23日(金)19時50分
小学館は23日、同社が発行するコミック誌『コロコロコミック』3月号(15日発売)掲載の漫画『やりすぎ!!!イタズラくん』(吉野あすみ氏)で…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア