“VR酔い”解消へ向けて各社凌ぎを削って開発中のGVS技術とは?

4月14日(木)16時0分 おたぽる

「SAMSUNG」公式サイトより。

写真を拡大

 すでにOculus Riftを入手して楽しんでいる人々も現れはじめ、ついに幕が開いた次世代VRゲーミング時代だが、ちょっと厄介な問題として以前から取り沙汰されているのが“VR酔い”だ。しかしアメリカの有名病院が開発した新技術によって、VR酔いを起すことなく、安心してVRゲームを満喫できるようになるということだ。


■目の前の映像と三半規管を“同期”するGVS技術

 米・ミネソタ州の総合病院、メイヨー・クリニックは先日、傘下のスタートアップ会社のvMocionと共にHMDでVRゲームを楽しむ際に起る“VR酔い”を解消する実用可能な技術を発表した。これはGVS(Galvanic Vestibular Stimulation)と呼ばれ、VR(AR)機器の使用によって起りうる吐き気や乗り物酔いの症状を防止するための新技術である。

 動きの早いアクションシューティングゲームなどでは、2Dであっても“酔う”ことがあるのは、ゲーム好きならご存知の通りだ。これは画面の動きに対応しているうちに実際の乗り物酔いと同じように、三半規管が上手く働かなくなってしまうことで“酔い”は起きる。2Dとは比べ物にならない没入感を演出するVRゲーミングだけに、さらに酔いやすくなるのではないかという、懸念が強まるのも無理はない。

 今回発表されたGVSは、微弱電流の刺激をオデコの部分と後頭部の下のうなじの部分に加えることで、現在目の前に広がっている映像と内耳(前庭器官)の感覚を“同期”させることが可能になるということだ。これによって視覚と身体感覚のズレがなくなり、“VR酔い”が発症し難いコンディションを整えられるのだ。

「ビデオゲームや映画、アミューズメント施設などにこのGVSの不思議な運動感覚を加えることで、まったく新しい、真の“没入感覚”を味わうことができるのです」と、vMocionの会長であるブラッド・ヒルストーム医師はニュースリリースで語っている。このGVSは単なる“酔い止め”ではなく、よりVR環境の臨場感を高めてくれる技術でもあったのだ。

 もともとは国家機関の要請により、宇宙空間での平衡感覚を保つための技術として、11年も前から研究されてきた背景を持つこのGVSだが、VRゲーミング時代を迎えた今日、意外なかたちでの民間転用が可能になったということになる。今後どのようにこのGVSが普及していくのか注目したい。


■Samsungの“VR酔い”防止ヘッドホン「Entrim 4D」

 かならずしも“次世代型”ではないが、スマホ画面を活用したVRゴーグルであるGear VRを一足先に、昨年末から発売しているSamsungもまた、“VR酔い”対策には力を入れている。

 先の3月11〜15日に米・テキサス州オースティンで開催された世界最大のクリエイティブ・ビジネス・フェスティバル「SXSW 2016」で、Samsung Electronicsは、Gear VRと組み合わせて使用するヘッドフォン「Entrim 4D」のプロトタイプを発表した。このEntrim 4Dを併用することで、映像の臨場感が増し、なおかつ“VR酔い”を緩和できるということだ。

 このEntrim 4Dが機能する原理も前出のvMocionの技術と基本的には同じで、名前のほうも同じGVS(Galvanic Vestibular Stimulation)技術と呼称されている。ヘッドホンを装着すると耳の後ろの部分に電極が当たり、そこから微弱な電流を流し前庭器官を刺激し、視覚と身体感覚を同調させてVR環境への没入感を高めるとともに、“VR酔い”を防止している。

 メイヨー・クリニックのGVSは宇宙開発分野から派生した技術である一方、SamsungのGVSは、前庭機能障害(vestibular dysfunction)の治療を研究する、医療の分野からもたらされた技術であるということで、名前と原理が同じでもそのルーツが異なっている点が興味深い。

「VRは視覚だけの体験であるべきではないのです。このEntrim 4Dを使って、VRを世界を“丸ごと”体験してもらいたいと考えています」とクリエイティブリーダーのスティーブ・ジュン氏は同社のニュースリリースで語っており、現在はこのプロトタイプよりも電極棒を増やした新バージョンの開発に取り組んでいる。このEntrim 4Dも製品化の時期はまだ未定だが、こうして各社凌ぎを削るGVS開発競争が明らかになったこともあり、意外に早く市販化されてくるのかもしれない。
(文/仲田しんじ)

【参考】

・Tech Times
http://www.techtimes.com/articles/145949/20160401/afraid-of-vr-headsets-because-of-nausea-motion-sickness-mayo-clinics-gvs-might-be-the-answer.htm

・The Verge
http://www.theverge.com/2016/3/14/11220836/samsung-etrim-4d-headphones-movement-vr-inner-ear

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

開発をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ