夏の家電商戦スタート 「3Dテレビ」ならぬ「3D扇風機」が登場

4月14日(土)16時0分 NEWSポストセブン

「3Dテレビ」ならぬ「3D扇風機」が登場

写真を拡大

「えっ? 扇風機で3Dって何だよそれ」「3Dって、液晶テレビの失敗が懲りてないのか」。そんな声が聞こえてきそうな新商品がシャープから発表された。発表されたのは「プラズマクラスター扇風機(3Dファン)」。注目の商品は「PJ-B2CS」で、羽根の最大直径は18㎝という小型。はたして、その勝算は? ネット文筆家の奈良巧氏が検証する。以下は、奈良氏の解説だ。


 * * *

 家電大手の赤字が酷いことになっているが、それはともかく新商品開発の歩みをゆるめてはいられない。夏を前に家電各社から扇風機の発表が相次いでいるが、驚かされたのはシャープの「3D扇風機」だ。


「えっ? 扇風機で3Dって何だよそれ」「3Dって、液晶テレビの失敗が懲りてないのか」と訝しがられる読者も多いとは思う。


扇風機自体、発表会が行なわれることは珍しい。4月11日の午前11時より、東京・芝公園にあるオフィスビルの中で、発表会は行なわれた。発表されたのは「プラズマクラスター扇風機(3Dファン)」。


 注目の商品は「PJ-B2CS」で、羽根の最大直径は18㎝という小型。扇風機といってはいるが、部屋の空気を循環させる「サーキュレーター」的に使う商品だ。


 リリースによれば。「上下・左右、の動きを組み合わせた3次元の自動首振りで、お部屋の空気を立体的に撹拌」とある。


 簡単に言うと、商品はゲンコツを固めて真上に突き出したような形になっている。このゲンコツがグルグルと回るような感じで、上下左右に風の吹き出し方向が変わる。真正面を向いた写真はフツーの扇風機だが、動きを見ると、まったく新しい。なーるほど。これを「3D」といっているわけだ。


 気になる消費電力はわずか1.8W。これは最小風力で、首振りをしない時のものだが、いままでの扇風機の中でも最小クラス。羽根の直径が18㎝と、通常の扇風機の30㎝よりはるかに小さい商品なので、この省エネ具合は「参考記録」的なものではある。


 この扇風機は、エアコンや暖房器具の使用時に、一緒につかって部屋の空気を撹拌するのが主な使い方になる。残念ながら、エアコンをつけずに、扇風機一本でこの夏は頑張ろうという人には向いていない。そういう人は羽根の直径30㎝の扇風機を購入するべきだ。


「プラズマクラスター扇風機(3Dファン)PJ-B2CS」の発売は5月18日。予想実勢価格は2万2000円。


 扇風機の新商品の発表は、5月の連休前までに、あとは東芝とバルミューダが予想される。この2社は昨年の商品「グリーンファン2」(バルミューダ)、「サイエント」(東芝)が品切れでプレミアム価格がついた実績を持つので、2012年バージョンの新商品も期待できる。

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

液晶テレビをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ