江角マキコ 歌舞伎座で元カレ・尾上菊之助の妻と母に遭遇

4月14日(日)7時0分 NEWSポストセブン

 3年ぶりの開場となった5代目歌舞伎座。そのこけら落としとなった4月2日は、梨園の女たちにとっても特別な一日だった。


 坂田藤十郎(81才)の妻・扇千景(79才)を筆頭に、尾上菊五郎(70才)の妻・富司純子(67才)と娘の寺島しのぶ(40才)、中村橋之助(47才)の妻・三田寛子(47才)など錚々たる顔ぶれが艶やかな着物姿で、入り口ロビーに勢揃い。駆けつけた2000人もの招待客を出迎えた。


 大竹しのぶ(55才)や中田英寿(36才)、森喜朗元首相(75才)といった著名人の中で最も多くの人の注目を浴びていたのが、開幕直前にやって来た江角マキコ(46才)だった。


「すごい現場に居合わせたなぁとドキドキしましたよ。だって江角さんにしてみれば、元カレの母と新妻が揃っていたんですから」(目撃した人)


 2002年、江角は、菊五郎と富司の長男・菊之助(35才)との交際が発覚し、熱愛宣言。当時すでに双方とも両親を紹介していて、菊之助は菊五郎と富司が暮らす実家住まいだったにもかかわらず、江角は彼が留守中にも尾上家をよく訪ねていたという。


「江角さんは菊之助さんがいなくても、菊五郎さんにお酒のおつまみを作り晩酌につきあってあげたり、富司さんに料理の味付けや、女優としてのアドバイスをもらうなど、一生懸命尽くしていました。江角さんは彼より11才も年上でしたから、ご両親に認めてもらおうと一生懸命だったんでしょうね」(梨園関係者)


 結婚秒読みといわれていたものの、ふたりはほどなくして破局。理由はやはり年の差だった。


「尾上家は歌舞伎界の名門中の名門。梨園の妻には、後継者となる男の子を産むことが何よりも求められますから、周囲がふたりの年齢差を許さなかったんでしょうね」(前出・梨園関係者)


 元カレの母と妻を前に「ドキッ」の一瞬。江角ははたしてどうしたか?


 彼女は凛とした姿勢でまっすぐに富司の元へ歩み寄ったという。隣には瓔子さんもいた。しかし江角は動揺することなく、ふたりにさっと頭を下げて挨拶したのだった。


「江角さんは竹を割ったようなさっぱりした性格ですから、過去のことはもう気にしてないですよ。そんなことより、彼女には、女として女優としていろいろと教えてくれた富司さんへの感謝の気持ちや、勘三郎さんや團十郎さんが亡くなって、頑張っていかなければならない歌舞伎界を応援したい気持ちが強いんじゃないでしょうか」(芸能関係者)


※女性セブン2013年4月25日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

歌舞伎をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ