反江角派のママ友 「江角を出すな」とテレビ局に抗議

4月14日(木)16時0分 NEWSポストセブン

未だ止まぬ反江角派ママ友の攻撃

写真を拡大

 ジャングルジムや滑り台など数多の遊具が並ぶ一室に、「ハッピーバースデー」の歌が響きわたる。歌っているのは多国籍の子供たち。中心の少女がケーキのろうそくを吹き消すと、わっと大きな拍手が上がった。2月下旬の週末、東京都心のある幼児教室で開かれた誕生日会。主役は江角マキコ(49才)の長女(11才)だった。


「お子さんだけじゃなく、保護者のかたもたくさん来ていました。ママ友に囲まれて、江角さんはとても楽しそうでした」(江角の友人)


 2015年末に『バイキング』(フジテレビ系)と『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)を卒業し、3月末に『私の何がイケないの?』(TBS系)が放送終了。レギュラー番組のなくなった江角は現在、家族と穏やかな日々を送っている。単発の仕事は入っている。だが、出演すると《必死に露出しようとしている》とネットを中心に叩かれる。


「つきあいのあるディレクターからは今もオファーがありますし、スケジュールが合えば出演します。それだけの話なんですけどね。『テレビ局にレギュラー出演の売り込みをしたが拒否された』とも報じられましたが、そもそも今の彼女には、なにがなんでもテレビに出たいという欲求はない」(芸能関係者)


 いまだやまない江角へのバッシング。2年前の“悪夢”は、彼女に大きな傷跡を残していた。2014年7月30日、ブログで「ママ友いじめ」の過去を打ち明けたことで、江角の人生は変わった。


 以後、「江角こそいじめの主犯だ」という保護者からの告発文を女性セブンが掲載したことを皮切りに、校内に巣喰う“反江角派”の存在、壮絶を極めたいじめの中身など、新事実が続々と明るみに出た。


「当時、長女が通っていたのは都心の名門私立小学校。江角さんは言いたいことをズバッと言うタイプなので、周囲と軋轢を生みやすかった。反江角派は全員で彼女を無視し、江角さんと仲よくしようものならそのママ友まで排除する。江角さんの長男が同じ学校を受験しようとすると、入学反対の嘆願書まで出されたといわれています」(当時を知る保護者)


 同年8月、『週刊文春』が同校の反江角派の筆頭が長嶋一茂(50才)の妻であること、過去に江角のマネジャーが長嶋邸に「バカ息子」「アホ」などと落書きしていたことを報じ、大騒動へと発展した。



 同9月9日、江角は一連の騒動をブログで謝罪したが、《週刊誌でこの件を初めて知った次第》と落書きへの関与を否定したことで、火に油を注いだ。


 江角への批判は日増しに高まり、結局、長女は都内のインターナショナルスクールに転校。それでもなお、反江角派の攻撃は止まらなかったという。


「テレビ局に抗議し続けたママもいたそうです。“なんで彼女を出すんだ”って。すでに学校も違うのに…。確かに江角さんにも責任はあり、反省すべき点はあるんでしょう。でも、やり方が陰湿すぎます」(テレビ局関係者)


 あの日以来、江角はママ友という亡霊に苦しみ続けてきた。転校先でも、江角はしばらく誰ともかかわらず、送迎時も子供を車に乗せると逃げるように去っていた。


 世を騒然とさせた「ママ友いじめ」の告白からもうすぐ2年。江角にとってつらい時期が続いた。テレビに出ても、レギュラー番組を卒業しても、なにをしても叩かれる。人間関係に悩み、深い傷を負った彼女を癒したもの。それもまた、人の温かさだったに違いない。江角がようやく見つけた、穏やかな時間。


 冒頭の誕生日会で、江角の表情は晴れやかだった。子供たちと戯れ、ママ友と談笑し、わが子の成長に目を細める。母親として当たり前の日常を取り戻しているように見えた。


「この施設、週末は一般開放されており、誕生日会の会場として申し込むと、準備や運営まで施設側がやってくれるんです。いろんな催し物もあって、子供たちはみんな楽しそうでした。保護者も仲よく、江角さんの穏やかな笑顔が印象的でした」(前出・江角の友人)


 長女の通うインターナショナルスクールは欧米人も多く、日本特有のママ友社会とは無縁だという。


※女性セブン2016年4月28日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

江角マキコをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ