慎重になる愛子さまの大学選び 海外名門校進学の可能性も

4月14日(土)7時0分 NEWSポストセブン

高校2年生になられた愛子さま

写真を拡大

 右肩から提げた通学バッグには、グリーンのポーチが結びつけられていた。いつものポニーテール姿の愛子さまは、門に立つ守衛にお辞儀をされて、学校の中へと入って行かれた。4月10日、この春に学習院女子高等科2年に進級された愛子さまは、これまでより10分ほど早く、登校された。


 また、新学期を控えた4月上旬のある日、愛子さまは都内のボウリング場に足を運ばれた。


「春休み中とあって、家族連れで賑わっていました。愛子さまは端のレーンで女の子3人とご一緒にボウリングを楽しまれていました。ストライクを取られたときには飛び跳ねてキャッキャと大喜び。お友達にハイタッチで迎えられていました」(居合わせた人)


 愛子さまはベージュのスカートにシャツをイン。グレーのロングカーディガンを羽織り、差し色に真っ赤なバッグを提げるコーディネートだった。首元にはネックレス、耳にはパールのようなイヤリングがキラキラと揺れていた。


「ボウリングの前にはプリクラも撮っていらっしゃいました。お友達とシールに落書きしたり、楽しまれていられたようです」(目撃した人)


 ボウリングを終えた一行は昼食を挟んで近くのカラオケ店へ。


「以前から愛子さまがよく利用されている店です。愛子さまは嵐のファンだということですから、何曲か歌われたのかもしれません」(宮内庁関係者)


◆大学選びはより慎重になった


 高校2年生といえば、大学進学を意識し始める時期だ。


「エスカレーターでいける学習院大のほかにも、成績優秀な愛子さまは東大進学の可能性も噂されていました。皇太子ご夫妻は、愛子さまの興味、関心に沿うよう幅広い選択肢を示したいというお考えのようです」(別の宮内庁関係者)


 一部では、一橋大や筑波大、眞子さまが卒業され、現在、佳子さまが籍を置く国際基督教大(ICU)なども進学先の候補だと報じられた。


「これまででも、愛子さまの希望に加え、警備や他の学生への影響などの面を考慮する必要がありました。ですが、眞子さまと小室圭さんの結婚にトラブルが生じてからは、愛子さまの大学選びはより慎重を期さなくてはならない難題となったようです。


 眞子さまが小室さんと出会われたのはICUのキャンパス。現在高校2年生の愛子さまにとって結婚はまだ先のことですが、大学で運命の出会いを果たす可能性があるわけです。そうなると、単に愛子さまの希望通りというわけにはいきません。平たく言ってしまえば、どのような学生が集まる大学かを見極める必要があるということです」(皇室ジャーナリスト)


 そんな中、皇太子ご夫妻には別のお考えがあるという。


「日本の大学よりも、海外の名門大学に進学される可能性もあるのではないかという声もあります。雅子さまはアメリカ・ハーバード大で学ばれた才媛で、皇太子さまはイギリス・オックスフォード大への留学中にその後のライフワークとなる水運史を学ばれました。海外で学ぶことの重要性を理解されています。将来皇室外交を担うためにも、海外の文化を知ることも必要です。


 愛子さまは、東宮御所に招いた海外からの賓客と問題なくコミュニケーションをとれるほど英語力が高く、今年の夏休みにイギリスへの短期留学も検討されているそうです」(前出・別の宮内庁関係者)


 研究のテーマも、将来のお相手もかかわる進学先。ボウリングのストライクを決めたように、難題を取り除いて進んでほしい。


※女性セブン2018年4月26日号

NEWSポストセブン

「愛子さま」をもっと詳しく

「愛子さま」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ