『スター・ウォーズ』ハックス将軍役、再演は「ストーリーが良ければ」アリ

4月14日(水)7時0分 THE RIVER

ドーナル・グリーソン

スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)『最後のジェダイ』(2017)『スカイウォーカーの夜明け』(2019)で、じつは誰よりも運命に翻弄された感のあるハックス将軍。『エクス・マキナ』(2015)や『ピーターラビット』(2018)などのドーナル・グリーソンが、時に堂々と、時にコミカルに演じていたが、グリーソンはこの役の再演にはオープンな構えだ。

この記事には、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)のネタバレが含まれています。

ハックス将軍は『スター・ウォーズ』続3部作で、ファースト・オーダーの最高司令部に仕えた将校として登場。『フォースの覚醒』『最後のジェダイ』ではカイロ・レンとの覇権争いを見せたが、『スカイウォーカーの夜明け』で実はレジスタンスのスパイだったことが判明。ファースト・オーダーの基地に潜入したフィンやポー・ダメロン、チューバッカを助けたハックスだが、その裏切りは、新たな上司であるプライド将軍に見抜かれていた。あっさりとプライド将軍にブラスターで撃たれ、ハックスの物語は終わりを迎える。

演じたグリーソンは米ComicBook.comのインタビューで、ハックス役再演の可能性について「何人かに聞かれたことがあります。『スター・ウォーズ』の世界はいろいろ起こっていますからね」としながら、「ストーリー次第です」と答えた。「ストーリーさえ良ければ、僕は何にだって出ますよ。かかって来いです。もし(再演の機会が)なかったとしても、じゅうぶんやれたかな。映画3作も出たんですし」。

グリーソンは以前にもハックス役について「もうちょっと長く出られたら良かった」と少し残念がりながらも「映画館で観客が息を呑むのがわかった時、彼は正しかったと思いました」と語っていて、自身が全うした役にはある程度満足している様子だ。

ハックス将軍は『スカイウォーカーの夜明け』で死亡したはずだから、もしも再登場するとしたら過去の再現となるだろう。エリートであるハックスがファースト・オーダー内で出世する様子を描く、『スター・ウォーズ』版企業ドラマなんてどうだろうか。

Source:ComicBook.com


THE RIVER

「スター・ウォーズ」をもっと詳しく

「スター・ウォーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ