降板理由は「大学留年」 指原プロデュース「=LOVE」諸橋、予定の舞台出られず

4月15日(月)19時30分 J-CASTニュース

諸橋さん

写真を拡大

指原莉乃さんプロデュースの声優アイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」の諸橋沙夏さんが2019年4月15日、大学の留年が決まり舞台を降板することを発表した。


諸橋さんは「楽しみにしていただいたファンの皆様、本当に申し訳ありません」と謝罪した。



出席日数不足で進級できず


諸橋さんは2019年夏に上演する、『ロミオとジュリエット』を題材としたロック・オペラ『R&J』に出演予定だった。



しかし、公式サイトで4月15日、「出演を予定しておりました諸橋沙夏さんですが、ご自身の学業の都合により、やむなく今公演を降板することとなりました」と発表され、本人もその後ツイッターで降板を知らせた。



諸橋さんは、大学の出席日数などが足らず、留年することになったと明かし、「私が不器用なことから学業とお仕事の両立が出来ず、沢山の関係者の方々、スタッフさん、メンバー、そして何より楽しみにしていただいたファンの皆様、本当に申し訳ありません」と謝罪した。


学業に専念するため、グループの活動休業も考えたというが、「ファンの皆様と少しでも離れてしまうのがすごくすごく悲しくて寂しくて、今回休業はせず、お仕事に少し支障は出てしまうこともあるかもしれませんが、このような選択をさせて頂きました」と活動継続を明言した。

J-CASTニュース

「降板」をもっと詳しく

「降板」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ