【ネタバレ】『ストーブリーグ』が日本初放送!痛快スポーツドラマのキャスト・あらすじは?

4月14日(火)12時0分 K-board

野球界の知られざる裏側を舞台に、夢を叶えるまでの痛快なヒューマンストーリーが展開される韓国ドラマ『ストーブリーグ』が2020年4月、KnTVで日本初放送!野球のルールが分からなくても大丈夫・・・?!気になるキャストや、あらすじ、見どころなどを、2020年4月の放送情報などとあわせて紹介します。

スポーツ界の裏側に隠れる感動ストーリー・・・?!韓国ドラマ『ストーブリーグ』

チームの戦力も運営も、大ピンチに追い込まれた野球チームが奇跡の感動を巻き起こす・・・?!逆転ホームランの感動ドラマを実現させるまでの、落ちこぼれ球団の物語が痛快に描かれているドラマ『ストーブリーグ』。なかなか観られないスポーツ界の裏の裏まで、専門的分野ならではの痛快なストーリーが楽しめます。野球のルールを知らなくても、もちろん大丈夫!数々の選択を伴う人生ドラマ、コミカルで感動的な人間ドラマを感じてみませんか?!2020年4月、ついに日本初放送を迎えた韓国ドラマ『ストーブリーグ』の、キャストやみどころ、日本でのオンエア情報などをご紹介します!

『ストーブリーグ』のキャストを一挙ご紹介!

野球チーム『ドリームズ』を手掛けるメンバーたち

【ナム・グンミン(新GM ペク・スンス役)】
1978年3月12日生まれ。2002年のシットコム『大当たり家族』で俳優デビュー。主な出演ドラマは、『かけがえのない我が子』(2004年)、『ある素敵な日』(2006年)、『セレブの誕生』(2010年)、『清潭洞アリス』(2012年)、『マイ・シークレットホテル』(2014年)、『リメンバー〜記憶の彼方へ〜』(2015年)、『キム課長とソ理事』(2017年)、『操作〜隠された真実』(2017年)、『恋のトリセツ』(2018年)、『ドクタープリズナー』(2019年)など。

【パク・ウンビン(運営チーム長 イ・セヨン役)】
1992年9月4日生まれ。1998年のドラマ『白夜』で子役として女優デビュー。主な出演ドラマは、『王の女』(2003年)、『太王四神記』(2007年)、『善徳女王』(2010年)、『階伯<ケベク>』(2011年)、『秘密の扉』(2014年)、『タンタラ〜キミを感じてる』(2016年)、『チョコバンク』(2016年)、『江南ロマン・ストリート 』(2016年)、『青春時代2』(2017年)、『法廷プリンス-イ判サ判-』(2017年)、『私だけに見える探偵』(2018年)など。

【オ・ジョンセ(親会社ジェソングループの常務 クォン・ギョンミン役)】
1977年2月26日生まれ。2001年の映画『受取人不明』で俳優デビュー。主な出演ドラマは、『いかさま師〜タチャ』(2008年)、『未来の選択』(2013年)、『弁護士の資格〜改過遷善』(2014年)、『ヴァンパイア探偵』(2016年)、『ビューティフル・マインド 』(2016年)、『タンタラ〜キミを感じてる』(2016年)、『ミッシングナイン』(2017年)、『ミストレス〜愛に惑う女たち〜』(2018年)、『真心が届く』(2019年)など。

【チョ・ビョンギュ(運営チームスタッフ ハン・ジェヒ役)】
1996年4月23日生まれ。2015年のドラマ『恋するジェネレーション』で俳優デビュー。主な出演ドラマは、『ビューティフル・マインド』(2016年)、『七日の王妃』(2017年)、『時間』(2018年)、『トッコリワインド』(2018年)、『SKYキャッスル』(2018年)、『サイコメトリーあいつ』(2019年)など。

【ソン・ジョンハク(社長 コ・ガンソン役)】
1967年6月20日生まれ。1987年に演劇デビューし、俳優として活躍。主な出演ドラマは、『僕らのイケメン青果店』(2011年)、『ホジュン〜伝説の心医〜』(2013年)、『ミセン-未生-』(2014年)、『僕は彼女に絶対服従 〜カッとナム・ジョンギ〜』(2016年)、『ビューティフル・マインド』(2016年)、『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』(2017年)、『スケッチ〜神が予告した未来〜』(2018年)、『知ってるワイフ』(2018年)、『プリースト』(2018年)など。

【イ・ジュニョク(スカウトチーム チーム長 コ・セヒョク役)】
1972年3月19日生まれ。2008年の映画『過速スキャンダル』で俳優デビュー。主な出演ドラマは、『ナイン〜9回の時間旅行〜』(2013年)、『ジキルとハイドに恋した私 〜Hyde, Jekyll, Me〜』(2015年)、『雲が描いた月明り』(2016年)、『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』(2017年)、『適齢期惑々ロマンス〜お父さんが変!?〜』(2017年)、『マッド・ドッグ〜失われた愛を求めて〜』(2017年)、『ミスティ〜愛の真実〜』(2018年)、『100日の郎君様』(2018年)、『真心が届く』(2019年)、『ドクタープリズナー』(2019年)、『幽霊を捕まえろ』(2019年)など。

【ユン・ビョンヒ(スカウトチーム スタッフ ヤン・ウォンソプ役)】
1981年12月7日生まれ。主な出演ドラマは、『凍える華』(2016年)、『シグナル』(2016)年、『デュエル〜愛しき者たち〜』(2016年)、『クリミナル・マインド』(2017年)、『トゥー・カップス〜ただいま恋が憑依中!?〜』(2017年)、『ボイス2 〜112の奇跡〜』(2018年)など。

【キム・ドヒョン(戦力分析チーム チーム長 ユ・ギョンテク役)】
1977年12月2日生まれ。1999年の演劇『オセロ』で俳優デビュー。主な出演ドラマは、『チャン・ヨンシル〜朝鮮伝説の科学者〜』(2016年)、『ビューティフル・マインド』(2016年)、『スイッチ〜君と世界を変える〜』(2018年)、『ライフ』(2018年)、『アイテム〜運命に導かれし2人〜』(2019年)など。

【キム・スジン(マーケティングチーム チーム長 イム・ミソン役)】
1974年9月29日生まれ。2001年より、映画やドラマ出演を中心に女優として活躍。主な出演ドラマは、『お願い、ママ』(2015年)、『シグナル』(2016年)、『青い海の伝説』(2016年)、『浪漫ドクター キム・サブ』(2016年)、『ミスティ〜愛の真実〜』(2018年)、『知ってるワイフ』(2018年)、『王になった男』(2019年)、『WATCHER<ウォッチャー>』(2019年)、『SAVE ME2』(2019年)など。

【パク・ジヌ(広報チーム チーム長 ビョン・チフン役)】
1973年3月20日生まれ。2003年の映画『殺人の追憶』で俳優デビュー。主な出演ドラマは、『運命のように君を愛してる』(2014年)、『六龍が飛ぶ』(2015年)、『品位のある彼女』(2017年)、『秘密の森 〜深い闇の向こうに〜』(2017年)、『ウンジュの部屋』(2018年)など。

【キム・ギム(スカウトチーム 次長 チャン・ウソク役)】
1978年5月18日生まれ。元々、プロ野球選手としての経歴があり、俳優としては2014年の映画『皇帝のために』でデビュー。主な出演ドラマは、『三銃士』(2014年)、『ヴァンパイア探偵』(2016年)、『力の強い女ト・ボンスン』(2017年)、『ハベクの新譜』(2017年)、『魔女の法廷』(2017年)、『ジャスティス−検法男女−』(2018年)、『第3の魅力』(2018年)、『サイコメトリーあいつ』(2019年)、『検法男女 シーズン2』(2019年)など。

『ドリームズ』の選手たち

【ホン・ギジュン(NO.17 ベテラン投手 チャン・ジヌ役)】
1978年4月13日生まれ。2004年の短編映画の出演を機に俳優デビュー。主な出演ドラマは、『根の深い木』(2011年)、『愛の迷宮-トンネル-』(2017年)、『推理の女王2〜恋の捜査線に進展アリ?!〜』(2018年)、『30だけど17です』(2018年)など。

【チェ・ジョンヒョプ(NO.51 投手 ユ・ミノ役)】
1993年5月19日生まれ。2014年より、モデルとしてファッションショー出演の活動を行いながら、ウェブドラマなどに出演。『ストーブリーグ』が、全国ドラマへの初めての出演となりました。

【チョ・ハンソン(NO.10 4番打者 イム・ドンギュ役)】
1981年6月17日生まれ。2001年にCMデビュー後、俳優として活躍。主な出演ドラマは、『4月のキス』(2004年)、『恋愛マニュアル〜まだ結婚したい女』(2010年)、『3度結婚する女』(2013年)、『仮面』(2015年)、『これが人生!ケ・セラ・セラ』(2016年)など。

【チャヨプ(NO.47 キャッチャー ソ・ヨンジュ役)】
1986年1月7日生まれ。2005年の映画『私たちのセックスのこと』で俳優デビュー。主な出演ドラマは、『みずがめ座〜AQUARIUS〜』(2008年)、『離婚弁護士は恋愛中』(2015年)、『恋のスケッチ〜応答せよ1988〜』(2015年)、『アイムソーリー カン・ナムグ〜逆転人生〜』(2016年)、『王は愛する』(2017年)、『スイッチ〜君と世界を変える〜』(2018年)、『キミはロボット』(2018年)、『SAVE ME2』(2019年)など。

【キム・ドンウォン(NO.30 内野手 クァク・ハンヨン役)】
1984年6月26日生まれ。2011年に演劇デビュー後、俳優としても活躍。主な出演ドラマは、『疑問の一勝』(2017年)、『空から降る一億の星』(2018年)、『悪い刑事〜THE FACT〜』(2018年)、『私の国』(2019年)など。

【キム・ボンマン(NO.27 内野手 カン・テミン役)】
1988年10月26日生まれ。2009年頃にモデルとしてデビューし、国内外で活躍。韓国から初めて、イタリアのアルマーニのファッションショーに出演したことでも知られています。

【チャン・ウォンヒョン(NO.15 外野手 イ・ヨンジェ役)】
1988年7月11日生まれ。2013年に演劇デビュー後、俳優としてドラマや映画でも活躍。主な出演ドラマは、『よくおごってくれる綺麗なお姉さん』(2018年)、『プリースト』(2018年)、『トラップ〜最も残酷な愛〜』(2019年。)

『ドリームズ』の監督&コーチ陣

【イ・オル(NO.70 監督 ユン・ソンボク役)】
1964年4月5日生まれ。1983年に演劇俳優としてデビュー後、1993年より映画やドラマなどの映像作品にも出演。主な出演ドラマは、『北京My Love』(2004年)、『ライブ』(2018年)、『WATCHER<ウォッチャー>』(2019年)、『ジャスティス−検法男女−』(2019年)など。

【ソン・グァンオプ(NO.39 投手コーチ チェ・ヨング役)】
1970年7月3日生まれ。ミュージカルを中心に厚役する一方、映画やドラマにも数多く出演。主な出演ドラマは、『三銃士』(2014年)、『オクニョ 運命の女』(2016年)、『恋の花が咲きました』(2017年)、『ミスティ〜愛の真実〜』(2018年)、『100日の郎君様』(2018年)、『胸部外科』(2018年)、『ウンジュの部屋』(2018年)、『KILL IT-キルイット-』(2019年)など。

【キム・ミンサン(NO.61 ヘッドコーチ イ・チョルミン役)】
1968年2月7日生まれ。1985年に演劇で俳優デビューし、ドラマや映画でも広く活躍。主な出演ドラマは、『サメ〜愛の黙示録〜』(2013年)、『美しい私の花嫁』(2015年)、『マスター・ククスの神』(2016年)、『1%の奇跡〜運命を変える恋〜』(2016年)、『浪漫ドクターキム・サブ』(2016年)、『キム課長とソ理事』(2017年)、『操作〜隠された真実』(2017年)、『法廷プリンス-イ判サ判-』(2017年)、『推理の女王2〜恋の捜査線に進展アリ?!〜』(2018年)、『愛と笑いの大林洞(テリムドン)』(2018年)など。

【ソ・ホチョル(NO.86 打撃コーチ ミン・テソン役)】
1975年8月22日生まれ。1994年に演劇デビュー後、俳優としてドラマや映画などにも出演。主な出演ドラマは、『温かい一言』(2013年)、『幽霊が見える刑事チョヨン』(2014年)、『愛人がいます』(2015年)など。

野球界の関係者たち

【イ・デヨン(『バイキングス』GM キム・ジョンム役)】
1964年11月13日生まれ。1985年に演劇俳優としてデビューし、1995年以降は映画やドラマでも活躍。主な出演ドラマは、『雪だるま』(2003年)、『18・29〜妻が突然18才!?』(2005年)、『噂のチル姫』(2006年)、『善徳女王』(2010年)、『スリーデイズ〜愛と正義〜』(2014年)、『恋するジェネレーション』(2015年)、『雲が描いた月明り』(2016年)、『その女の海』(2017年)、『仮面の秘密』(2018年)、『アイテム〜運命に導かれし2人〜』(2019年)など。

【ソン・ヨンギュ(『ペリカンズ』GM オ・サフン役)】
1970年4月18日生まれ。1995年、ミュージカル緋勇としてデビューした後、ドラマや映画にも出演。主な出演ドラマは、『追跡者(チェイサー) 』(2012年)、『火の女神ジョンイ』(2013年)、『太陽がいっぱい』(2014年)、『最高の結婚』(2014年)、『ナイショの恋していいですか!?』(2014年)、『花郎<ファラン>』(2016年)、『サークル 〜繋がった二つの世界〜』(2017年)、『品位のある彼女』(2017年)、『検法男女 シーズン2』(2019年)など。

【パク・ソジン(スポーツアナウンサー キム・ヨンチェ役)】
1986年5月21日生まれ。2010年〜2019年まで、ガールズグループ『Girl's Day』のメンバーとして活動。主な出演ドラマは、『最高の結婚』(2014年)、『やってきた!ファミリー』(2015年)など。

【ハ・ドグォン(国家代表のエース投手 カン・トゥギ役)】
1977年3月3日生まれ。2004年にミュージカル俳優としてデビューし、ドラマや映画にも出演。主な出演ドラマは『30だけど17です』(2018年)、『皇后の品格』(2018年)、『医師ヨハン』(2019年)、『ペントハウス』(2020年)など。

【キム・ガンミン(『バイキングズ』新人王選手 イ・チャンクォン役)】
2020年に放送されたドラマ『叔父さんはオードリー・ヘップバーン』に出演。『ストーブリーグ』では、新人俳優でありながらも高い演技力に注目されました。

その他の周辺人物

【キム・ジョンファ(スンスの前妻 ユ・ジョンイン役)】
1983年9月9日生まれ。2000年、歌手イ・スンファンの楽曲へのMV出演を機に女優デビュー。主な出演ドラマは、『1%の奇跡』(2003年)、『三つ葉のクローバー』(2005年)、『銭の戦争』(2007年)、『風の国』(2008年)、『D-DAY』(2015年)、『ウンジュの部屋』(2018年)、『自白』(2019年)など。

【ユン・ソヌ(スンスの弟 ペク・ヨンス役)】
1985年9月7日生まれ。2003年の子ども向け戦隊ものドラマ『環境戦士ジェンタフォース』で俳優デビュー。主な出演ドラマは、『一途なタンポポちゃん 』(2014年)、『麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』(2016年)、『ひと夏の奇跡〜waiting for you』(2017年)、『30だけど17です』(2018年)、『夏よ、お願い』(2019年)など。

【ユン・ボギン(セヨンの母 チョン・ミスク役)】
1970年12月16日生まれ。2005年に演劇女優としてデビューを飾り、ドラマや映画でも活躍。主な出演ドラマは、『女王の花』(2015年)、『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』(2016年)、『凍える華』(2016年)、『町の弁護士チョ・ドゥルホ』(2016年)、『恋の花が咲きました』(2016年)、『あやしいパートナー』(2017年)、『白詰草<シロツメクサ>』(2017年)、『君の歌を聴かせて』(2019年)など。

【チョン・グクファン(ジェソングループの会長 クォン・イルド役)】
1952年7月21日生まれ。1973年から舞台を中心に俳優活動を開始。主な出演ドラマは、『追跡者(チェイサー)』(2012年)、『奇皇后』(2013年)、『秘密の扉』(2014年)、『仮面』(2015年)、『ドクターズ〜恋する気持ち』(2016年)、『耳打ち』(2017年)、『疑問の一勝』(2017年)、『愛と笑いの大林洞(テリムドン)』(2018年)、『優雅な一族』(2019年)など。

【イ・ギュホ(元力士 チョン・フンマン役)】
1985年3月5日生まれ。2002年の映画『がんばれ!クムスン』を出演を機に俳優として認知されるようになりました。主な出演ドラマは、『ヒーラー』(2014年)、『マスター・ククスの神』(2016年)、『浪漫ドクターキム・サブ』(2016年)、『スイッチ〜君と世界を変える〜』(2018年)、『熱血司祭』(2019年)など。

【イ・ヨンウ(外国人選手コーディネーター キル・チャンジュ役)】
1981年4月15日生まれ。2009年のドラマ『スタイル』で俳優デビュー。主な出演ドラマは、『バーディーバディ』(2011年)、『1年に12人の男』(2012年)、『追跡者(チェイサー)』(2012年)、『ラスト-LAST-』(2015年)、『ボイス3 〜112の奇跡〜』(2019年)など。

【ムン・ウォンジュ(『ドリームズ』OB キム・ギボム役)】
1980年2月14日生まれ。2005年の映画『恋の潜伏捜査』で俳優デビュー。主な出演ドラマは、『黄金のリンゴ』(2005年)、『花いちもんめ』(2007年)、『必殺! 最強チル』(2008年)、『偉大な物語』(2015年)、『緑豆の花』(2019年)など。

『ストーブリーグ』のあらすじ

常に最下位の野球球団『ドリームズ』。味方同士の乱闘、新人指名選手の入団拒否など、前代未聞の問題が次々と起こっていくチームは、ファンからも距離を置かれて手の打ちようがありません。そんな状況の中、スポーツビジネスの得意なスンス(ナムグン・ミン)が、新しいゼネラルマネージャー(GM)に就任。これまで、シルム(韓国の相撲)やハンドボール、ホッケーなど、様々なスポーツチームを優勝させてきたものの、なんと野球経験は全く無し!運営チーム長のセヨン(パク・ウンビン)らの心配をよそに、早速チームの改革を打ち出すのですが・・・?!

ココに注目!『ストーブリーグ』の見どころ

そもそも『ストーブリーグ』って、どんな意味・・・?!

ドラマのタイトルには、野球界ならではの専門用語が採用されています。『ストーブリーグ』とは、プロのスポーツ選手における契約更改、移籍に関する動きなどの話題を総括した呼び名のこと。“ストーブが必要になる季節のファンの噂話”・・・つまり冬のオフシーズンの時期に様々な話が飛び出すため、それらの話題を指す言葉として使われるようになりました。現在では、野球界だけでなく、他のスポーツ界にまで広がっている言葉とされています。

野球に詳しくなくても面白い!スポーツ界の裏側が見えるかも・・・?!

野球チームの物語が題材とされているドラマ内容ではあるものの、野球について全く知らなくても楽しめる『ストーブリーグ』。登場人物たちの肩書だけを見ても、GMに運営スタッフたち、戦力分析、スカウトチーム、広報・・・と、あらゆる役割が浮かび上がってきますよね。各分野ならではの仕事や困難も盛り沢山!ドラマを観ているうちに、いつの間にか野球の世界の裏側まで見えてくるのではないでしょうか?!

登場キャラクターそれぞれにドラマあり!第1話の視聴率1ケタ台→最終回には16%以上にまで上昇!

ドラマの展開も、視聴率も、人生も、最後の崖っぷちからが勝負・・・?!落ちこぼれだった野球チームが、感動の瞬間を迎えるまでのストーリーが細やかに描かれています。韓国での視聴率は、初回の放送がわずか1ケタ台だったところから、徐々に話題が増えていく中で視聴者も増え、最終回には16%台、平均視聴率も12%台を記録!選手に会社側、ライバルチーム、野球界を取り巻く人々・・・たくさんの登場人物の数だけ、心を突き動かすドラマが待ち受けていること間違いなし!

劇中の『ドリームズ』って、どんなチーム?!

正式名称は『ジェソン ドリームズ』で、創立は1982年。親会社の“ジェソングループ”によって作られました。ホーム球場の場所もきちんと設定されています。 一時期は、“PFソフト”という企業に買収され、『PFドリームズ』と改編されていたという設定も。本拠地とされる物語の舞台は、実在する韓国・仁川広域市をモチーフに設定されています。

2020年4月5日〜毎週日曜日、2話連続で放送!

2019年12月から韓国で放送され、とても反響の大きかったドラマ『ストーブリーグ』。日本では、2020年4月5日〜、毎週日曜日の午後8:00からKNTVにて、全16話で初オンエア!毎週土曜日の午前11:30からは、再放送もオンエアされます。どちらの放送日も2話連続放送。複雑に交錯する登場人物たちの想いや、野球チーム『ドリームズ』に待ち受ける運命に、ドキドキ・ワクワクさせられそうですよね!日本初放送の、まさに“旬”の韓国ドラマを、これまでとは一味違う感覚で楽しんでみてくださいね。

K-board

「ストーブ」をもっと詳しく

「ストーブ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ