平手友梨奈の運動神経を、阿部寛ら絶賛「聞いたら、岡田准一のところで…」

4月15日(木)4時6分 マイナビニュース

女優の平手友梨奈が14日、都内で行われたTBS系日曜ドラマ『ドラゴン桜』(4月25日スタート、毎週日曜21:00〜)の制作発表会見に、主演の阿部寛長澤まさみ及川光博らとともに出席した。
同ドラマは、週刊漫画誌『モーニング』(講談社)にて2018年から人気連載中の三田紀房による『ドラゴン桜2』が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』(2003年〜2007年連載/講談社)の15年後を描く続編だが、今の時代の日曜劇場でやるべきエッセンスを入れたドラマオリジナルの展開が予定されている。
平手が演じるのは、全国トップレベルのバドミントン選手として活躍している岩崎楓(いわさき・かえで)。何事にも全身全霊で取り組む岩崎は、その期待に応えようとするがゆえに、大きな壁にぶち当たってしまう。強豪校のバドミントン選手であり、悩み多き年代という繊細な役どころだ。
平手は「実際演じてみて、楓という女の子はすごくまっすぐで仲間思いな女の子だなと思います」と説明。リオデジャネイロオリンピックにて混合ダブルスで日本人初のベスト8入りを果たした栗原文音(日本ユニシス)によるバドミントン指導を受けているが、「ハードだったり大変だったりするんですけど、すごく素敵な先生で、助かっている部分もたくさんあります」と話した。
すると及川が「運動神経、反射神経がすごいんだから」と称賛し、長澤も「私も朝、見てきました。すごい運動神経いいんです」と同調。阿部も「キレがいい」と続き、また、「階段を落ちるシーンがあったんですけど、見事な落ち方をしていて監督が『すごい!』って。そこから監督の彼女に対する目も変わった」と絶賛した。
阿部がさらに、「聞いたら、岡田准一のところでトレーニングしているって」と話すと、平手は「はい」と照れ笑い。及川から「真剣に取り組みすぎてケガしないようにね」と声をかけられると、平手は「はい。気を付けます」と返した。
会見には、高橋海人(King & Prince)、南沙良、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太も出席した。
(C)TBS

マイナビニュース

「平手友梨奈」をもっと詳しく

「平手友梨奈」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ