本木雅弘の息子“デビュー”に大注目!190cm超えスポーツ万能の完璧マン

4月15日(月)17時33分 まいじつ

俳優の本木雅弘の長男でモデルのUTAが、サントリーのテレビCM『天然水 GREEN TEA クリーンでグリーン』篇で、親子初共演したことが話題になっている。


【関連】野村萬斎の「可愛すぎる長女」彩也子を芸能界が狙うヤバい理由 ほか



UTAはドキュメンタリー風の映像の中で、小学校5年生から続けているというバスケットボールやサイクリングする姿を披露。また、時代劇を撮影中の父・本木を訪ねるシーンも見どころになっている。9日には日本経済新聞朝刊に親子2ショットの全面広告が掲載され、早くも今後の俳優活動に期待が高まっている。


ネット上では、



《まだまだぎこちないけど、お父さん譲りのいい役者になりそう》

《モックンより全然背が高い! さすが今どきの若者って感じだね》

《お母さんよりも、どちらかというとお父さん譲りのイケメンですね》



など、大きな反響が起こった。



バスケット日本代表にも選ばれる


「UTAは190センチの長身を生かし、昨年パリコレでモデルデビューを果たしました。小学生のころから170センチあったといいますから、174センチの本木からすればかなり大きい息子ですね。幼少期から英才教育を受け、学生時代はインターナショナルスクールに通学し、英語も堪能です。また、野球やテニス、バスケなど超有望選手ばかりが集まるIMGアカデミーにバスケット留学しており、2017年にはアジアバスケットボール選手権の日本代表にも選ばれているほどスポーツ万能です。将来はプロに進むのではないかといわれていましたが、モデル、CMと立て続けにデビューしたことで、今後は父親と同じ芸能の道を歩むようです」(芸能記者)


最近では仲村トオル鷲尾いさ子夫妻の娘・ミオが、父の出演する『エビオス』のCMに初出演し、芸能界デビューを果たしている。UTAも同じように、本木がキャラクターを務める『伊右衛門』のサントリーがバックアップし、親子共演が実現した形だ。


幼いころからたびたび本木の撮影現場に足を運んでいたというが、父の背中を肌で感じているだけに、業界関係者からは将来の活躍を期待する声が広がっている。


昨年9月には祖母の樹木希林さん、3月には祖父である内田裕也さんを立て続けに亡くしたUTA。芸能一家に生まれ育った血筋を引き継ぎ、活躍する姿を2人が天国から見守っているに違いない。



【アイキャッチ画像】


ArtOfPhotos / Shutterstock


まいじつ

「本木雅弘」をもっと詳しく

「本木雅弘」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ